「アジアNo.1と全身全霊で戦う」中国代表指揮官が日本戦へ闘志! W杯出場へ危機的状況も「まだ希望はある」

「アジアNo.1と全身全霊で戦う」中国代表指揮官が日本戦へ闘志! W杯出場へ危機的状況も「まだ希望はある」

中国代表のリ・シャオペン監督が日本戦に向けて意気込みを語った。※写真は前日会見のスクリーンショット



 中国代表のリ・シャオペン(李小鵬)監督が1月26日、ワールドカップ最終予選・日本戦の前日会見に臨み、意気込みを語った。

 中国代表は昨年12月に、これまで指揮を執ってきた李鉄監督が辞任し、新たにリ・シャオペン監督がヘッドコーチに就任。新体制で日本代表との大一番に挑む。

 新指揮官は「アジアNo.1の日本と戦うことになるので、全身全霊で向かってほしい。戦術面では我々のレベルを全部発揮して、中国代表らしい試合をしたい」と選手たちを鼓舞。そのうえで、結果にこだわる姿勢を示した。
 
「サッカーは、選手それぞれの力、そしてチーム全体の実力にかかっている。私としてはベストを尽くして、これまでやってきたことを選手全員に落とし込み、素晴らしい結果になることを期待している。とにかく明日は、ベストを尽くして日本戦に臨みます」

 現在中国は、1勝2分3敗の勝点5でグループ5位。残り4試合で、W杯出場権が与えられる2位以内を目指すためには、ひとつの敗戦も許されない。危機的状況に置かれているがリ・シャオペン監督は、「中国にとってまだ希望はあります。一縷の希望は捨てていない」と日本戦へ全力を尽くすことを誓った。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】W杯アジア最終予選中国、サウジアラビア戦に臨む日本代表招集メンバーを一挙紹介!

【日本代表練習PHOTO】W杯出場に向けて山場の2連戦。欧州組も合流し必勝態勢で臨む
 

関連記事(外部サイト)