リバプールがコロンビア代表FWディアスを獲得!ポルトで18戦14発、強力なライバルの加入で南野の去就は?

リバプールがコロンビア代表FWディアスを獲得!ポルトで18戦14発、強力なライバルの加入で南野の去就は?

ポルトからリバプールへの移籍が決定したディアス。(C)Getty Images



 南野拓実が所属するリバプールは1月30日、ポルトのコロンビア代表FWルイス・ディアスを獲得したことを発表した。背番号は23番に決定した。

 移籍市場に精通したファブリツィオ・ロマーノ記者によれば、契約期間は2027年6月30日までで、移籍金は4000万ユーロ(約50億円)+ボーナス2000万ユーロ(約25億円)、総額約75億円のビッグディールだ。

【動画】ポルトでは中島翔哉を追いやる!リバプールが獲得したルイス・ディアスってどんな選手?
 19年夏に母国のアトレティコ・ジュニオールからポルトに加入したウイングは、時同じくしてアル・ドゥハイルから移籍してきた中島翔哉(現ポルティモネンセ)とのポジション争いに勝利。欧州1年目から左サイドアタッカーのレギュラーとして活躍し、今シーズンもここまでリーグ戦18試合に出場し、14ゴール・4アシストをマークしている。

 強力なライバルがまたひとり加わったことで、今シーズンはプレミアリーグでの先発がまだ一度もない南野の立場がさらに厳しくなるのは必至。英国メディアは、「オファー次第での放出の可能性」を伝えており、その去就に影響があるかもしれない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【PHOTO】2022年冬の移籍市場で新天地を求めた名手たちを一挙紹介!
 

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?