富士フイルム杯、天皇杯王者の浦和がJ1連覇の川崎を2-0撃破! 日本代表FW江坂任が2発の大活躍

富士フイルム杯、天皇杯王者の浦和がJ1連覇の川崎を2-0撃破! 日本代表FW江坂任が2発の大活躍

浦和がJ1連覇の川崎Fを撃破

富士フイルム杯、天皇杯王者の浦和がJ1連覇の川崎を2-0撃破! 日本代表FW江坂任が2発の大活躍

2ゴールを挙げて勝利に貢献した江坂(写真奥)と2点目をアシストした明本。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)



 Jリーグの新シーズン開幕を告げる頂上決戦、富士フイルムスーパーカップの川崎フロンターレ浦和レッズが2月12日、日産スタジアムで行なわれ、浦和が2対0で勝利を収め、今季初タイトルを獲得した。

 前年J1リーグ王者の川崎は、新戦力のチャナティップや日本代表のCB谷口彰悟、同じく右SBの山根視来らが先発。一方の天皇杯王者・浦和もFW江坂任、DF酒井宏樹ら日本代表勢や新戦力の岩尾憲らが先発に名を連ねた。

 試合は開始7分、序盤から押し込んだ浦和が先制。右サイドを酒井がドリブルで持ち上がり、ラストパスを供給。これを江坂が右足ワンタッチでゴール左へ流し込んだ。浦和が1点をリードする。

 その後は、川崎がレアンドロ・ダミアン、家長昭博が前線で起点をつくりながら、反撃に出るも浦和も身体を張った守りで得点を許さない。前半は浦和の1点リードで終了する。
 
 迎えた後半、川崎はマルシーニョを投入して反撃の手を強めるが、決定機をつくり出すには至らない。

 すると81分、浦和はカウンターから明本考浩が抜け出し、粘り強くキープすると、駆け上がってきた江坂にパス。ワンフェイントを入れて左足を振り抜いた江坂のシュートは、谷口の股下を抜けてゴール右に突き刺さった。浦和が待望の追加点を挙げる。

 結局、試合はこのまま2-0でタイムアップ。天皇杯王者の浦和が江坂の2ゴールでJ1王者の川崎を破った。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】マスコット総選挙、1位に輝いたのはマリノス君!

関連記事(外部サイト)