9人の磐田が見せた闘志。3年ぶりのJ1静岡ダービーで浮かび上がる今季の狙いと今後の課題

9人の磐田が見せた闘志。3年ぶりのJ1静岡ダービーで浮かび上がる今季の狙いと今後の課題

鈴木雄斗の同点弾はチームの狙いとする形が発揮された。写真:塚本凜平(サッカーダイジェスト写真部)



[J1リーグ2節]磐田1-2清水/2月26日(土)/エコパスタジアム

 3年ぶりにJ1で実現した“静岡ダービー”前半、ラインを上げ前線からアグレッシブにプレスを仕掛けてくる清水に対し、磐田は縦やカットインの動きで相手の裏を突く右ウイングバックの鈴木雄斗に、DFやボランチが長めのボールを配球しチャンスを作った。

「前節(福岡との開幕戦)は、僕が背後に抜け出すランニングの数が少なかったという反省があった。(大井)健太郎君やヤットさん(遠藤保仁)、同サイドの(伊藤)槙人君とそう話をしていて、そこは意識していました」と鈴木。

 そんな“狙っていた形”がゴールに結びついたのは23分。高い位置で前後にボールを出し入れし、相手をつり出してブロックを崩そうとする試みが結実した。

 CBの大井は、前線から戻されたボールを受けた際に、コンパクトな守備網を維持するために前に出た清水の最終ラインの裏に一瞬できたスペースを逃さなかった。駆け抜けた鈴木に、絶妙の浮き球を通し、鈴木がこれをハーフバウンドの技ありループでゴールに送り込み、ダービーのスコアを1-1のイーブンに戻した。
 
「清水のディフェンスラインが少し中途半端だったし、(杉本)健勇もしっかり動いてくれて、相手が少しつられたのでボールを出した。雄斗のタイミングも良かった」と大井。

 前から来る相手の背後、高い最終ラインの裏を突くことは伊藤彰監督も清水戦の狙いのひとつとしていたこと。前節の反省と、分析が生きたゴールだった。前にかかったところでパスを引っかけられロングカウンターを浴び、9分に先制されていた磐田は、ペースを奪回していく中で鈴木のゴールで同点に追いつき、その後もボールを握り自分たちの時間を作った。遠藤が高い位置を取り、シャドーやウィングが相手ブロックの間でボールを受け、決定機も創出した。

 攻撃で相手の堅固なブロックの中になかなか入れなかったことを福岡との開幕戦で苦しんだ理由に挙げた伊藤監督は、清水戦に向けて「外で回すだけではなく、相手4-4-2のラインの間にパスを差し込み、選手が入りこんでいくゲームにしたい」と語っていた。

 前半の15分を過ぎたころからは、その点で前節からの進歩が見られた。
 

 だが、後半は相手の圧にラインが下がり、最終ラインとボランチとの間に距離ができて、清水のペースに転じる。鈴木も警戒を強められてランを封じられ、さらに高い位置をとる相手サイドハーフとの駆け引きに腐心する中で、ほとんどボールに触れられなかった。磐田は左サイドの深い位置でボールを回すも、素早い囲いこみに潰されチャンスを作れない。

 67分、左サイドからゴール前に送ったパスをカットされ、ケアできていなかった裏をカウンターでとられてゴールを割られ1-2に。これが決勝点となった。

 失点はいずれも、プレスと縦に速い攻めをストロングポイントとする清水の形。磐田もハードワークをして前から追ったが、試合を通して、奪われたあとに奪い返すスピードや強度、プレスのオーガナイズに相手との差があった。さらに、74分に山本義道が2枚目のイエローで退場、78分には交代出場したファビアン・ゴンザレスが一発レッドとなってフィールドプレーヤーが9人になり、厳しい状況となる。

 しかし磐田は諦めず、むしろそれまで以上に走り、ファイトし、アグレッシブな攻守で清水を受け身に回らせ、慌てさせた。相手のミスにも助けられたが、カウンターからの決定的ピンチをしのぎ、大井がパワープレーに出て最後まで勝点1を目指した闘志は、次に?がるものだ。
 
 清水の平岡監督は「勝利は嬉しいが悲しい気持ちもある」と、3年ぶりのJ1での静岡ダービーが不完全燃焼に終わったことを残念がった。残り15分での2人退場は、磐田にとってももちろん痛かった。だが、監督も選手もそれだけを敗因と捉えてはおらず、問題から目を逸らしていない。

「同サイドで人数をかけて崩すことも良いけれど、サイドチェンジもチャンスメイクには必要。チームとして共通認識を持っていきたい」と鈴木。大きな展開を作れなかったことを課題に挙げた。

「まだまだ自分たちがやりたいこと全部はできていない。この2試合の内容を反省し、生かして、ミスを恐れずに繋ぐべきところは繋ぐということをしっかりやっていきたいと思う」と大井。

 そして、伊藤監督は、「勝つために攻撃時の守備陣形やリスクマネジメント、回収能力が重要になる。球際の強さも改善していかなくてはいけない。顔を上げてチームひとつになって戦っていきたい」と語った。

 新監督のもとで自分たちのサッカーのレベルアップを目指す今季は、J1リーグを戦いながらトライ&エラーを重ね、修正を図っていけるかどうかが鍵。チームは京都戦に向け、しっかり課題に向き合っている。

取材・文●高橋のぶ子

【J1第2節PHOTO】磐田1-2清水|3年ぶりの“静岡ダービー”は清水に軍配!カウンターから中山克広が決勝弾

【PHOTO】クラップで選手を後押し!エコパに乗り込んだ清水エスパルスのサポーターたち

【PHOTO】最後まで諦めず手拍子で選手を後押し!ジュビロ磐田サポーターを特集

 

関連記事(外部サイト)