「英国サッカー界の激震」アブラモビッチ氏がチェルシーの売却を打診と現地報道!スイスの大富豪がオファーを明かす「彼は早く手放したい」

「英国サッカー界の激震」アブラモビッチ氏がチェルシーの売却を打診と現地報道!スイスの大富豪がオファーを明かす「彼は早く手放したい」

先月26日に、チェルシーの経営権を譲渡する発表をしたアブラモビッチ氏。(C)Getty Images



 先月26日に、チェルシーの経営権をクラブの慈善財団の評議員に委譲する発表をしたロシア人オーナーのロマン・アブラモビッチ氏が、クラブの売却に動いているようだ。

 2003年にチェルシーを買収したアブラモビッチ氏は、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領との繋がりが強いとされ、ロシアのウクライナ侵攻を受けて、資産凍結などの制裁が科される可能性が指摘されている。

 英公共放送『BBC』などの現地メディアは、スイス人の大富豪ハンス・ユルグウィス氏が母国紙『Blick』に次のように語ったと伝えている。
 
「議会で制裁の脅威が提起された後、アブラモビッチ氏はチェルシーを早く手放したいと思っている。私は他の3人とともに火曜日に本人からチェルシーを買収する申し出を受けた。

(判断するまでに)4〜5日は時間がかかる。アブラモビッチは現在、あまりにも多くのことを求めている。チェルシーは彼に20億ポンド(約3000億円)の負債がある。しかし、チェルシーには資金がないため、チェルシーを購入する人は、それを補償する必要がある」

 ただ、『BBC』によれば、アブラモビッチ氏のスポークスマンは、これらの主張についてコメントを拒否したという。

 記事は「アブラモビッチがチェルシーの売却を決定した場合、それはクラブと英国サッカーにとって激震となるだろう」と綴っている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】ドリームチーム撃破、イスタンブールの奇跡、マドリーの3連覇etc...CL歴代王者の戴冠シーンを一挙公開!

関連記事(外部サイト)