「シドニーの悪夢だ…」オーストラリアを粉砕した日本代表に豪メディアも脱帽!一方で「呪いのようなミスジャッジ」とも

「シドニーの悪夢だ…」オーストラリアを粉砕した日本代表に豪メディアも脱帽!一方で「呪いのようなミスジャッジ」とも

日本は途中出場のアタッカーが躍動。三苫が2ゴールを挙げ、上田(写真)も果敢に敵ゴールを強襲した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)



 現地時間3月24日、シドニーで行なわれたカタール・ワールドカップのアジア最終予選、日本代表はオーストラリアとの大一番に臨み、終盤の三苫の2ゴールで2-0の快勝を飾った。3ポイントを上乗せしてグループ2位以内を確保し、7大会連続7回目の本大会出場を手繰り寄せた。
【動画】ついにオーストラリアのゴールをこじ開ける!三笘薫の劇的決勝弾!

 このシドニー決戦を速報で伝えたのが、オーストラリア全国紙『The Sydney Morning Post』だ。「シドニーの悪夢だ。日本に力の差を見せつけられた」と完敗を認め、次のようにレポートした。

「日本は立ち上がりから流れるような攻撃を構築し、南野のショットが2度もポストを叩くなど攻勢を仕掛けたが、オーストラリアも負けじとチャンスを掴んでいた。やはり手痛かったのは、敵のオウンゴールを取り消された場面だ。どう見ても相手キーパーへの反則はなかったが、VARも沈黙を守り、認められなかった。呪いのように不可解なミスジャッジに涙を呑んだのだ。
 

 後半もサッカルーズ(オーストラリア代表の愛称)は勝利を求めて明るい展望を描いていたが、日本はペースを落としてゲームを安定させた。オーストラリアは創造性に欠け、ロングボールで隙を突いたがことごとくを跳ね返され、いたずらに時間だけが過ぎ去っていった。三苫のゴールは実に日本らしい細かな繋ぎからのもので、ズタズタに切り裂かれた一撃だ。アディショナルタイムにも三苫に決められたが、サッカルーズにあの突破を阻止する気力は残っていなかった」

 これで来週火曜日の最終節を前に、日本はグループBの2位以内が、オーストラリアは3位が確定した。グループA3位とのプレーオフに臨むこととなった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【W杯アジア最終予選PHOTO】オーストラリア対日本|途中出場の三笘薫が終盤に2発!日本代表7大会連続のW杯出場決定!

【PHOTO】W杯アジア最終予選オーストラリア、ベトナム戦に臨む日本代表招集メンバーを一挙紹介!

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!

関連記事(外部サイト)