【W杯出場決定国一覧】日本は17番目の本大会チケットを獲得! 南米と欧州の予選はいよいよ最終局面へ

【W杯出場決定国一覧】日本は17番目の本大会チケットを獲得! 南米と欧州の予選はいよいよ最終局面へ

敵地での本大会行き決定に歓喜が弾ける日本代表。カタールでは悲願の“8強超え”に臨む。(C)Getty Images



 鬼門だったアウェーの地でオーストラリアを相手に快勝を収め、7大会連続7回目のワールドカップ本大会出場を決めた日本代表。出場全32か国中、17番目のチケット獲得となった。
【動画】ついにオーストラリアのゴールをこじ開ける!三笘薫の劇的決勝弾!

 アジアはこれで日本、韓国、イラン、サウジアラビアの4か国が決まり、両グループの3位同士が戦うプレーオフにはオーストラリアの進出が決まっている。対戦相手はUAEまたはイラク、レバノンのいずれかだ。

 欧州はグループリーグの全日程が終わり、フランス、イングランド、ドイツ、ベルギーなど各組トップの10チームの出場が確定。現在はプレーオフを消化中で、6月までに残り3チームが決まる。

 南米はブラジルとアルゼンチンがすでに2位以内を決め、残り2節でエクアドル、ウルグアイ、ペルー、チリなどがふたつのチケットを争う。最終的に5位に終わったチームは、6月にアジア・プレーオフを勝ち抜いたチームと雌雄を決するレギュレーションだ。

 北中米・カリブ海予選とアフリカ予選からは、いまだ出場国決定はゼロ。前者は3月30日の最終節で出場3チームが出揃い、後者は3月25&29日にホーム&アウェーで開催される5つのプレーオフで、出場5チームが確定する。なお北中米・カリブ海予選の4位チームは、オセアニア代表との大陸間プレーオフに進む。
 

 組分け抽選会は4月1日、カタールのドーハで行なわれる。以下が、各大陸別の出場枠と出場決定国の一覧だ。

【AFC/アジア】5・5枠
★カタール(開催国/初出場)
★日本(7大会連続7回目)
★韓国(10大会連続11回目)
★イラン(3大会連続6回目)
★サウジアラビア(2大会連続6回目)
※アジア第5代表は南米第5代表と大陸間プレーオフを戦う(6月13日or14日)。

【UEFA/欧州】13枠
★ドイツ(18大会連続20回目)
★デンマーク(2大会連続6回目)
★ベルギー(3大会連続14回目)
★フランス(7大会連続16回目)
★クロアチア(3大会連続6回目)
★スペイン(12大会連続16回目)
★セルビア(2大会連続3回目)
★スイス(5大会連続12回目)
★イングランド(7大会連続16回目)
★オランダ(2大会ぶり12回目)
※11チーム(ロシアは大会除外)によるプレーオフを消化中。6月に最後の1チームが決まる。

【CONMEBOL/南米】4・5枠
★ブラジル(22大会連続22回目)
★アルゼンチン(13大会連続18回目)
※最終節は3月29日に開催。南米第5代表はアジア第5代表と大陸間プレーオフを戦う(6月13日or14日)。

【CAF/アフリカ】5枠
※5つのプレーオフを開催(3月25日&29日)。カードは以下の通り。
エジプトvsセネガル
カメルーンvsアルジェリア
ガーナvsナイジェリア
DRコンゴvsモロッコ
マリvsチュニジア

【CONCACAF/北中米・カリブ海】3・5枠
※最終節は3月30日に開催。北中米・カリブ海第4代表はオセアニア代表と大陸間プレーオフを戦う(6月13日or14日)。

【OFC/オセアニア】0・5枠
※3月30日に代表が決定。オセアニア代表は北中米・カリブ海第4代表と大陸間プレーオフを戦う(6月13日or14日)。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【W杯アジア最終予選PHOTO】オーストラリア対日本|途中出場の三笘薫が終盤に2発!日本代表7大会連続のW杯出場決定!

【PHOTO】W杯アジア最終予選オーストラリア、ベトナム戦に臨む日本代表招集メンバーを一挙紹介!

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!

関連記事(外部サイト)