「本当にこれで大丈夫?」城彰二、W杯出場を喜ぶも日本代表に苦言「何度も言っていますが、森保監督は…」

「本当にこれで大丈夫?」城彰二、W杯出場を喜ぶも日本代表に苦言「何度も言っていますが、森保監督は…」

森保監督はW杯ベスト8を目標に掲げている。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)



 元日本代表FWの城彰二氏が3月24日、自身のYouTubeチャンネル『JOチャンネル』を更新。日本代表が7大会連続となるカタール・ワールドカップ出場を決めたオーストラリア戦について語った。

 同日に、敵地での大一番に臨んだ日本は、再三チャンスを作り出しながら、決めきれない展開が続いたものの、89分に途中出場の三笘薫が値千金の先制弾。94分にも、その三笘が3人抜きのドリブルから圧巻の追加点を奪い、2‐0で勝利した。

 日本代表が初出場した1998年のフランス・ワールドカップに出場した城氏は、「とりあえず、ワールドカップ出場が決まって良かったです。おめでとうございます」と切り出し、こう続けた。

「相手にも恵まれた。(怪我やコロナで)メンバーも相当変ったし。危ないシーンもありましたが、最後の最後で三笘が2ゴール。1点目は山根がうまく右サイドを切り開いた。阿吽の呼吸なんでしょうね」

【動画】「ミトマ様様」城彰二も絶賛!三笘薫が決めた衝撃の3人抜き弾をチェック
 山根視来、守田英正、そして三笘と川崎フロンターレで同僚だった3人が絡んだ先制点をそう評した城氏は、個人技で奪った2点目も絶賛した。

「三笘様様だね。チームでもやっている、インに切れ込んでからのフィニッシュ。素晴らしい活躍をしてくれた」

 ただ、これまでも忌憚のない発言をしてきた城氏だけに、“浮かれたムード”に釘を刺すことも忘れなかった。「苦しんだ予選だったけど、とりあえず出場できたのは良かった」と強調しつつ、こう述べている。

「ただ、何度も言っていますが、森保監督はワールドカップでベスト8を目指すということなので、それに対しては本当にこれで大丈夫かな、というのはある」

 最後は、「本大会に向けて具体的にこういうふうしたらいいんじゃないかとかを考えながら、皆さんにまたお届けしたい」と話し、課題や提言については改めて触れることを約束し、締めくくった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【W杯アジア最終予選PHOTO】オーストラリア対日本|途中出場の三笘薫が終盤に2発!日本代表7大会連続のW杯出場決定!

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!
 

関連記事(外部サイト)