「いや、チートだろ」「バロンドールでしょ!!」三笘劇場にサッカー界、芸能界からも大興奮の声!日本中が酔いしれる

「いや、チートだろ」「バロンドールでしょ!!」三笘劇場にサッカー界、芸能界からも大興奮の声!日本中が酔いしれる

限られた出場時間で2発を叩き込み、難敵オーストラリア撃破に導いた三笘。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)



 カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選が3月24日に行なわれ、日本はオーストラリアと敵地シドニーで対戦し、2―0で勝利。最終節のベトナム戦を前に、グループBの2位以上を確定させ、7大会連続7度目のW杯出場を決めた。

 再三決定機を作るもモノにできない焦れる展開が続くなか、救世主となったのは、84分に投入された三笘薫(ユニオン・サン=ジロワーズ)だった。スコアレスドローが濃厚と思われた89分、山根視来(川崎フロンターレ)のマイナスのクロスを、右足で冷静に流し込み、値千金の一発を奪った。

 完全に勢いに乗った24歳はなんと、直後のアディショナルタイムにも圧巻のドリブル突破から、追加点までゲット。大一番で、文字通り1人で勝負を決めて見せた。

【動画】三笘が土壇場で大大大仕事!7大会連続W杯出場を決めた豪州戦をチェック!

 ツイッター上では、歴史的大仕事をやってのけた三笘を絶賛するファンの声で溢れるなか、サッカー界からも熱いメッセージが続々と到着。
 
 なでしこジャパンの岩渕真奈(アーセナル)が「三笘くんすごい」と感嘆の声を漏らせば、元日本代表の松井大輔(Y.S.C.C.横浜)と前園真聖氏はそれぞれ「三笘君のドリブルに感謝ですね。素晴らしい」「やっぱり三笘のドリブルだったね!!」と、代名詞のドリブルを褒め称えている。

 また、元北朝鮮代表の鄭大世(FC町田ゼルビア)も、均衡を破る一発を決め「ここで三笘かーーー!!!この映像ずっと使われるだろうなー」とつぶやいた直後、2点目も挙げると「いや、三笘チートだろ」と、驚きを伝えている。

 そしてムーブメントは芸能界にも波及。学生時代は強豪校でサッカー漬けの日々を過ごし、現在はお笑いの世界でゴールを決めているワッキー(ペナルティ)と、シュウペイ(ぺこぱ)もそれぞれ「バロンドールでしょ!!三笘」「三笘っちスゴイよ!ずっと追いかけてきてよかった」と訴え、大興奮の様子だ。

 三笘劇場に日本中が酔いしれた一夜となった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!

【W杯アジア最終予選PHOTO】オーストラリア対日本|途中出場の三笘薫が終盤に2発!日本代表7大会連続のW杯出場決定!

関連記事(外部サイト)