「目が覚めた」自問自答する吉田麻也に長友佑都がかけた言葉「頬をはたかれたような気持ちになった」

「目が覚めた」自問自答する吉田麻也に長友佑都がかけた言葉「頬をはたかれたような気持ちになった」

W杯出場権獲得会見に出席した吉田。「また一から競争が始まる」と気持ちを引き締めた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)



 日本サッカー協会は3月26日、カタール・ワールドカップ(W杯)出場権獲得会見を実施した。

 森保ジャパンは24日に行なわれた敵地でのオーストラリア戦で2−0の勝利。7大会連続7回目のW杯出場を決めた。

 登壇者の吉田麻也は「タフな予選を強いられることになりましたが、スタッフのみなさんのおかげで、ひとつ結果を出すことができて心の底から嬉しいです」と喜びを伝えた。

 カタール行きのチケットを掴むのは、決して簡単ではなかった。

「(昨夏の)オリンピックが終わって、自分の中で頭を切り替えて、今度は最終予選だ、というふうに臨んだ1試合目につまずいてしまった」

 ホームで迎えたオマーンとの初戦は0−1。キャプテンとして、少なからず責任を感じていたのかもしれない。「自分自身も本当に、きちんと頭の整理と心の準備ができていたのかを自問自答しました」。そんな吉田の支えとなる存在があった。

「2試合目の時に、長友(佑都)選手が部屋に来て、発破をかけてくれたというか、もう一回、それこそ熱量を持って、挑まなければダメだろっていうのを言われて。目が覚めたというか、頬をはたかれたような気持ちになりましたね」

 盟友の叱咤激励に奮起した吉田。「そこから自分自身も、ピッチの中でパフォーマンスを高めていかないと、自分の言葉にも説得力がついてこないし、そこのところを意識して、予選を戦っていきました」と振り返る。
 
 予選2試合目の中国戦に勝利し、続くサウジアラビア戦は敗戦。難しい状況が続いたが、4戦目のオーストラリア戦で白星を飾ると、その後の5試合も勝ち続け、圧巻の6連勝でミッションをクリアした。

 最終予選は残り1試合。29日にホームでベトナムと相まみえる。首位通過がかかる一戦を前に、吉田は「1位で突破するというのは、僕たちがこのアジアで自分たちの力を改めて示す良い機会」と捉えている。

 もちろん、さらにその先も見据えている。「僕たちの目標は、カタールのワールドカップでベスト8に行くこと。日本のサッカーの歴史を塗り替えることが、このチームの目標でもあり、僕自身の目標でもある。そこに向かってまた一から競争が始まりますし、引き続き、協会から各選手まで、一人ひとりがさらに日本のサッカーを高めていけるように頑張っていきたい」と力をこめた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【W杯アジア最終予選PHOTO】オーストラリア対日本|途中出場の三笘薫が終盤に2発!日本代表7大会連続のW杯出場決定!

【PHOTO】難敵オーストラリアを撃破しW杯出場を決めた!歓喜に湧くSAMURAIBLUEを特集!

【PHOTO】終了間際に2得点!日本をW杯へと導く貴重なゴールを決めた三笘薫!

【PHOTO】敵地・シドニーに駆けつけ選手を後押しする日本代表サポーターを特集!

 

関連記事(外部サイト)