【ベトナム戦速報】森保ジャパン、セットプレーから被弾。好機をモノにできず、1点ビハインドで前半を折り返す

【ベトナム戦速報】森保ジャパン、セットプレーから被弾。好機をモノにできず、1点ビハインドで前半を折り返す

ベトナム戦に挑む日本は1点ビハインドで前半を折り返した。写真:田中研治(サッカーダイジェスト/JMPA代表撮影)



 カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の日本代表対ベトナム代表の一戦が3月29日、埼玉スタジアム2002で19時35分のキックオフで行なわれている。

 日本の先発メンバーは、GKに川島永嗣、最終ラインは右から山根視来、吉田麻也、谷口彰悟、中山雄太、中盤はアンカーに柴崎岳、インサイドハーフに原口元気、旗手怜央、3トップは右から久保建英、上田綺世、三笘薫という顔ぶれに。

 5分には、左サイドを突破した三笘の横パスから久保が左足で狙う。立ち上がりの日本は、この三笘が起点となり、何度か良い形を構築していく。

 17分、三笘のドリブル突破から右の久保へとつなぎ、最後は原口が思い切りよくシュートを打つも、これは枠を捉えず。

 やや攻めあぐねていた日本は、20分に失点。CKからグエン・タイン・ビンにヘディングシュートを叩きこまれる。
 
 反撃を試みる日本。26分の旗手のヘディングシュートはバーの上。29分に上田が右足を振り抜くが、敵にブロックされる。35分には柴崎のお膳立てから原口がシュートを放ったものの、ネットを揺らせない。

 日本はチャンスを作りながらもゴールをこじ開けることができず、前半を0−1で折り返した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

関連記事(外部サイト)