「信じられない結果だ」日本とのドロー決着をベトナム・メディアは激賞! 韓国人指揮官の采配も絶賛「愛を感じる交代」

「信じられない結果だ」日本とのドロー決着をベトナム・メディアは激賞! 韓国人指揮官の采配も絶賛「愛を感じる交代」

試合後に沸き立つベトナム代表の選手たち。 写真:田中研治(サッカーダイジェスト/JMPA代表撮影)



 3月29日、カタール・ワールドカップのアジア最終予選、日本対ベトナムの一戦が埼玉スタジアム2002で行なわれ、結果は1-1となった。

 日本にとってはグループ首位通過を逃しかねない手痛い引き分け。一方で、ベトナムの現地メディアはその健闘ぶりを伝えている。

 地元メディア『THANH NIEN』は「ベトナム・アーミーが大健闘! 大金星に値する素晴らしい結果を残した」とチームを絶賛している。

「実は、この最終予選の終盤、ベトナムチームは多くの客観的な課題に直面し続けた。コロナによって欠けた戦力は、日本との対峙でより不安定な状態にあった。通訳も同席できず、ベトナムの選手たちはパク・ハンソ監督の指示をニュアンスで感じるしかなかった。

 厳しい戦いになることが予想されたが、彼らは『あきらめない』という競争心も武器にして戦った。たとえ惜敗したとしてもファンは拍手を送っただろう。だが信じられないことが起こった! 日本のDFをかきわけて、グエン・タイン・ビンが歴史に残るゴールを決めたのだ。このゴールでチームのモチベーションはさらに上がり、力を発揮する後押しとなった」
【W杯アジア最終予選PHOTO】日本1-1ベトナム|吉田麻也の一撃で同点に追いつくも…ベトナムの守備を崩しきれずドロー決着!
 さらに、指揮官の采配にも称賛を送っている。

「日本代表が後半に入り、中央のMFを交代したことで、攻撃にスイッチが入ったことは明らかだった。ベトナムは大きな課題に直面することになったが、ハンソ監督は素早くその動きを察知し、積極的な交代を行なった。人材が足りていないため、そもそもが付け焼刃なポジションを与えられていた選手も多い。だが、よりディフェンシブな体制を作ることに迷いはなく、通訳がいなくても、監督の意図は交代を通じて選手に伝わった。

 特にチームへの愛が滲み出たのは、90分にGKダン・バン・ラムをピッチに送り込んだことだ。非常に『愛』を感じる交代。チャン・グエン・マインの不調に伴うものだったが、わずかな時間であっても、彼は日本の大勢の観客の前でプレーする機会を得て、自信を得た。ドローの瞬間をピッチの上で迎えることができたのだ」

 結果は引き分けでも、ベトナムにとっては格上相手に耐えきって掴んだドロー。同メディアは「この結末で、この旅はチームにとって非常に思い出深いものとなった。パク・ハンソのもとで続ける旅は、信じられない結果をもたらした」と綴っている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【W杯アジア最終予選PHOTO】日本1-1ベトナム|吉田麻也の一撃で同点に追いつくも…ベトナムの守備を崩しきれずドロー決着!

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!

【独自映像】3月29日ベトナム戦に向けて日本で再始動!久保、三笘らが躍動した日本代表練習に密着!

関連記事(外部サイト)