「4月1日の抽選会で本大会の対戦相手が決まります」。田嶋会長が改めて決意表明

「4月1日の抽選会で本大会の対戦相手が決まります」。田嶋会長が改めて決意表明

1−1と引き分けたベトナム戦の結果を受けてコメントした田嶋会長。写真:サッカーダイジェスト



 2022年3月29日、カタール・ワールドカップのアジア最終予選に臨んだ日本代表がベトナムと1−1で引き分けた。19分に相手のCKから見事なヘッドで先制されると、54分に吉田のゴールで追いつくが、勝ち越し点は奪えなかった。

 この試合結果を受け、日本サッカー協会の田嶋会長は次のようにコメントしている。
 
「今日の試合に多くの方がスタジアムに足を運んで応援してくれたことに感謝いたします。ファン・サポーターの皆様の応援が予選を通して大きな力になりました。多くのご支援をいただいているキリンさんやパートナー企業の皆様、地上波で放送いただいたテレビ朝日さんにもあらためて御礼を申し上げます。

4月1日の抽選会で本大会の対戦相手が決まります。今日の結果は残念でしたが、本大会で良い成績を残せるようにチーム作りをしていきたいと思います。この予選を埼玉スタジアムで開催できたことは、SAMURAI BLUEにとって大きな力になりました。コロナ禍でも無事に予選を終えることができ、あらためて様々なご協力をいただいた日本政府や埼玉県の皆様に感謝いたします。この予選は声を出して応援ができないなど、多くの制約がある中で行われました。ファン・サポーターの皆様と喜びを分かち合える、本来のスタジアムの姿に早く戻していきたいと思います。これからもSAMURAI BLUEへのご支援をよろしくお願いいたします。」(原文ママ)

 本来のスタジアムの姿に戻る日を心から願いたい。

構成●サッカーダイジェスト編集部

【W杯アジア最終予選PHOTO】日本1-1ベトナム|吉田麻也の一撃で同点に追いつくも…ベトナムの守備を崩しきれずドロー決着!

関連記事(外部サイト)