U−21日本代表、3連勝でドバイカップ優勝! 細谷のヘッド弾でサウジに1−0勝利

U−21日本代表、3連勝でドバイカップ優勝! 細谷のヘッド弾でサウジに1−0勝利

細谷(中央)の1得点を守り切り、サウジに勝利した日本。3連勝でドバイカップ優勝を果たした。写真:松尾祐希



 U−21日本代表は現地3月29日、ドバイカップU−23の優勝決定戦でU−23サウジアラビア代表と対戦し、1−0で勝利した。

 日本のスタメンは、GKに佐々木雅士、4バックに内野貴史、チェイス・アンリ、西尾隆矢、加藤聖、アンカーに田中聡、インサイドハーフに山本理仁と藤田譲瑠チマ、3トップは鈴木唯人、細谷真大、斉藤光毅というラインナップとなった。

 7分、CKのチャンスにチェイスが豪快なヘディングシュートを放つ。これは惜しくも枠を外れたが、注目の18歳がさっそく見せ場を作る。

 そして20分、日本はセットプレーで均衡を破る。山本のCKに細谷が頭で合わせてネットを揺らす。細谷にとっては嬉しい今大会初ゴールに。

 反撃に出るサウジに対し、日本は23分に最終ラインの背後を突かれてゴールを割られるも、これはオフサイドの判定で事なきを得る。

 ヒヤリとさせられた場面だったが、日本は組織的かつ出足の鋭い守備でサウジの攻撃に対抗。ボールを保持すれば、落ち着いたビルドアップやテンポの良いパスワークで局面を前に動かし、攻撃の糸口を探っていく。
 
 1点リードで前半を折り返し、迎えた後半、日本はやや劣勢の時間が続き、60分には決定的なシュートを見舞われるも、これはGK佐々木がファインセーブ。

 我慢の展開のなか、局面では個々が身体を張ってファイトし、ピンチを未然に潰していく。なかなかペースを掴めずにいたが、それでも最後まで粘り強く守り抜いた日本が、1点差の勝負をモノにしてみせた。

 U−23クロアチア代表との初戦は1−0、続くU−23カタール代表戦は2−0、そして今回のサウジ戦も勝利。若き日本代表は無傷の3連勝で優勝を飾った。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】2024年のパリ五輪を目指し“大岩ジャパン”が始動!
 

関連記事(外部サイト)