「ベトナム相手に崩せないのは厳しい」城彰二が日本代表に苦言。森保監督の戦術にも疑問「久保君は右に固定したら何もできない」

「ベトナム相手に崩せないのは厳しい」城彰二が日本代表に苦言。森保監督の戦術にも疑問「久保君は右に固定したら何もできない」

久保(右)は持ち味を発揮できなかったと城氏は指摘した。写真:田中研治(サッカーダイジェスト/JMPA代表撮影)



 元日本代表FWの城彰二氏が3月29日、自身のYouTubeチャンネル『JOチャンネル』を更新。同日に行なわれた日本代表のベトナム戦について語った。

 ここまで7勝2敗で首位の日本は、1勝8敗で最下位のベトナムを埼玉スタジアム2002に迎えた。19分にCKから先制点を献上すると、前半は1点ビハインドのまま終了。54分に原口元気のシュートを相手GKが弾いたところを、攻め上がっていたDF吉田麻也が押し込んで同点に追いついたものの、その後の猛攻は実らず、勝ち越し点を奪えなかった。

「このレベルなら誰が出ても大量得点で勝つだろうという感じで入ったけど、まさかのコーナーキックからの失点だった」と切り出した城氏は、まず敵の守備を称えた。

「ベトナムは5-4-1で、スペースを狭くして、ボールを通させなかった。日本の分析をして、いい守備をした。プレスを掛けて良く守ったというのが印象的だった。正直、崩していくのはなかなか難しい」

【動画】自らのインターセプトから一気にゴール前へ!吉田麻也が奪った執念の同点弾
 そのうえで、「コンビネーションの部分で、縦パスが入った時に3人目が動くとか、そういうのが全くない」と連係の欠如を指摘。森保一監督の、“日本の至宝”の使い方にも苦言を呈した。

「久保君は右サイドに張らされちゃって。いろいろなところに動いて隙間を突いていくのが彼の持ち味だけど、全くそれをさせない。右に固定させたら何もできない」

 さらに、「このメンバー構成(柴崎岳、原口元気、旗手怜央)の中盤だと、はっきり言って難しいのが明らかになった。守られているとはいえ、ベトナム相手に崩せないのは厳しい」とばっさり。現状のレギュラーである2人のMFが61分に投入されてからリズムが良くなったと述べている。

「田中(碧)と守田(英正)が入っただけで、ガラッっと変わった。すごく連動性が生まれ、パススピードも上がった。あの2人に敵う選手は、なかなかいないのかな」

 また、自身もストライカーだった46歳は、CFで先発した上田を「すごく良かった」と評価。「狭いスペースで駆け引きをたくさんしている。ラインを上げてきたら裏を狙うし、ポストプレーもタイミング良く出てくる。でも、前半はそこで出しきれなかった。中盤の精度が高くなかったのが、かわいそうだった」とフォローした。

 城氏は中盤がうまく機能しなかったことが苦戦の理由だと考えているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【W杯アジア最終予選PHOTO】日本1-1ベトナム|吉田麻也の一撃で同点に追いつくも…ベトナムの守備を崩しきれずドロー決着!

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!

関連記事(外部サイト)