米国サッカー界に衝撃! 元女子代表のレジェンドGKが飲酒運転や児童虐待の容疑で逮捕される!

米国サッカー界に衝撃! 元女子代表のレジェンドGKが飲酒運転や児童虐待の容疑で逮捕される!

久々のスキャンダルで脚光を浴びているソロ氏。現役引退後も話題に事欠かない。(C)Getty Images



 米国サッカー界のお騒がせ女子が、ふたたび衝撃の一報をもたらした。

 現地金曜日に米ネットワーク『CNN』などが一斉に報じたのが、元米国サッカー女子代表のGKであるホープ・ソロ氏の逮捕だ。ソロ氏はノースカロライナ州のウィンストンセーラムにあるショッピングセンターの駐車場で、夫で元NFL選手のジェラミー・スティーブンス氏とふたりの子どもと一緒にいたところ、当局に身柄を確保されたという。
【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

 一時拘留されたのちに所定の手続きを経て、すでに釈放されたソロ氏。いったい何があったのか。

 事件が起こったのは現地木曜日。ソロ氏は車のエンジンを掛けたまま、1時間以上も運転席で眠っていたという。地元警察が安全確認のために駆けつけると、ソロ氏からアルコール臭がしたとされ、後部座席には2歳になる双子の男の子たちが座っていた。警官が呼気検査を受けるよう促すとソロ氏は激しく抵抗し、最終的に血液のサンプルのみを提出している。

 つまりは、子どもを乗せたまま飲酒運転をしていた疑惑が浮上したのだ。地元警察はこれら一連の行動が「違反運転」「軽微な児童虐待」「公務執行妨害」の3つの容疑を裏付けるものになったとし、逮捕に踏み切ったのである。

 ソロ氏の弁護士はすぐさま声明を発表。「ホープさんは事件について何も語れないが、彼女にとって子どもたちはすべてであることだけは知ってほしい、と話していた。現在は家族と自宅で過ごしている」と説明。そのうえで「今回の一件は告発された内容に対して同情の余地があり、彼女も法廷で話す機会を心待ちにしている」と、6月28日に設定された公判で真実を明らかにするという。
 

 これまでもスキャンダルに事欠かなかった40歳。2012年に前述のスティーブンス氏と結婚したが、そのウェディング前日にふたりは血まみれで発見された。ただちに新郎であるスティーブンス氏がソロ氏への暴行容疑で現行犯逮捕されたものの、結果的にふたりは翌日仲良く式を挙げている。

 激しい性格の持ち主で、2016年のリオ五輪では負けて激高し、対戦相手のスウェーデン代表チームを「臆病者の集団」とこき下ろした。これが米国サッカー連盟を怒らせて出場停止処分を受け、事実上の代表引退に追い込まれている。FIFAの当時会長だったジョセフ・ブラッター氏からセクハラを受けた事実を暴露し、親族を殴打した容疑で逮捕された一大騒動(のち告訴は取り下げ)もあった。

 2度の五輪制覇に、1度のワールドカップ制覇。国際Aマッチ・202試合出場の金字塔を打ち立て、数多の無失点記録を持つ女子サッカー史に君臨するスーパーレジェンドだ。メディアの仕事やタレント業にも精を出しているソロ氏は、2か月半後の公判ではたして何を語るのか。今後の展開が注目される。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】ホープ・ソロが公開した元NFL選手の夫とのラブラブ2ショット!

【PHOTO】C・ロナウド、ネイマール、アグエロ、ポグバetc…世界的名手たちが誇るスーパーカーを厳選&一挙紹介!

関連記事(外部サイト)