“クボ外し”で批判のアギーレ監督、ついに久保建英のスタメンを示唆! 最下位アラベスと裏天王山でトップに起用か

“クボ外し”で批判のアギーレ監督、ついに久保建英のスタメンを示唆! 最下位アラベスと裏天王山でトップに起用か

アラベス戦でのスタメン起用が濃厚となった久保。(C)Getty Images



 ついにその時がやって来たようだ。

 4月16日に開催されたラ・リーガ第32節で、久保建英が所属する17位のマジョルカは、15位のエルチェと敵地で対戦し、0-3の完敗。再び降格圏の18位に転落した。

 ハビエル・アギーレ監督体制3試合目での初先発が期待された久保は、後半頭から途中出場。攻撃を活性化させたが、失点を重ねたチームに勝点をもたらすことはできなかった。

【動画】「なんでもたつくの?」とファン嘆き!久保が華麗なターンから敵を抜いて見事なスル―パス!決定機創出も…

 久保のスタメン起用に消極的な指揮官に批判の声も出るなか、マジョルカは19日、4ポイント差の勝点25で最下位のアラベスと対戦する。この残留を懸けた重要な“裏天王山”に向けた前日会見で、アギーレ監督が日本代表MFの先発を示唆した。

 マジョルカの地元紙『Diario de Mallorca』は、「アギーレ監督はクボがアラベス戦でプレーすると明かした。(ヴェダト)ムリチの相棒になる」と伝えている。

 おそらく、メキシコ人指揮官が導入した5-3-2の2トップの一角での起用ということだろう。

 ようやく巡ってきたチャンスで、”日本の至宝”は窮地のチームを救う活躍ができるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!

【画像】久保の腹筋に韓国メディアも注目!イ・ガンインが投稿した“浴室2ショット”


関連記事(外部サイト)