CL準決勝を現役監督が徹底プレビュー!移籍企画はメガクラブ「夏の10大ターゲット」【ワールドサッカーダイジェスト最新号は4月21日発売】

CL準決勝を現役監督が徹底プレビュー!移籍企画はメガクラブ「夏の10大ターゲット」【ワールドサッカーダイジェスト最新号は4月21日発売】

この表紙が目印!



 4月21日(木)発売のワールドサッカーダイジェスト最新号は、チャンピオンズ・リーグ(CL)と移籍企画の2大特集です。

 巻頭は、いよいよベスト4に突入したCL企画。マンチェスター・シティ対レアル・マドリー、リバプール対ビジャレアルという準決勝の2カードを、現役イタリア人監督が今大会の戦いぶりを振り返りながら各チームの強み、弱みなどあぶり出し、また戦術的な?み合わせなども含めて見どころを徹底解説しています。

 第1レグはシティ対マドリーが4月26日、リバプール対ビジャレアルが4月27日。対戦前にぜひチェックしてください!

 もうひとつの特集は移籍企画。2022年夏のマーケットでメガクラブは誰を狙っているか、現地ジャーナリストが「10大ターゲット」を大公開します! プライオリティーが高い選手は誰で、獲得できる見込みは現時点でいかほどか? メガクラブの動向を追えば、夏のマーケットにおける主役候補や人気銘柄なども同時におさえられます。

 また、移籍マーケットの要注目クラブとして、資金力で他を圧倒するニューカッスルもフィーチャー。22年1月の市場に投じた移籍金の総額は、欧州全体で最高額の9300万ポンドといきなり驚きを提供したニューリッチは、サウジアラビア体制下で迎える初めての夏に向けて、どんなプランを練っていて、具体的に誰をリストアップしているのか。ニューカッスル取材歴20年という事情通の現地記者が、クラブの戦略を探っています。
 
 連載も要チェックです。リカルド・セティオン氏の人気コラムは、カタールW杯の抽選会がテーマ。1990年のイタリア大会以降、すべてのW杯抽選会に立ち会ってきたセティオン氏が今回も現地に飛び、取材レポートをまとめています。フットボーラーのオシャレ度をプロがジャッジする「ファッション診断」に登場するのは、エバートンのFWドミニク・キャルバート=ルーウィン。有名スタイリストの本庄氏も驚きのそのセンス、コーデとは? 

 さらに、精神科医の木村先生がフットボーラーのメンタルを解剖する連載では、まもなく39歳を迎える重鎮ダニエウ・アウベスを診断。長くトップに君臨してきたベテランSBの凄さに迫ります。
 
 インタビューは、バルセロナのジョルディ・アルバとトッテナムのデヤン・クルセフスキ。付録のジャンボポスターは、レアル・マドリーのカリム・ベンゼマとチェルシーのエヌゴロ・カンテです。

インターネット販売はこちら!
 

関連記事(外部サイト)