秀岳館高校サッカー部の生徒による謝罪&釈明動画が削除。アカウントで経緯説明「迷惑がかかる形になってしまった」

秀岳館高校サッカー部の生徒による謝罪&釈明動画が削除。アカウントで経緯説明「迷惑がかかる形になってしまった」

秀岳館生徒の謝罪動画が削除

秀岳館高校サッカー部の生徒による謝罪&釈明動画が削除。アカウントで経緯説明「迷惑がかかる形になってしまった」

生徒たちが自ら釈明した動画は1日弱で削除された。(C)SOCCER DIGEST



 4月22日、熊本県・八代市の秀岳館高校のサッカー部におけるコーチの部員への暴行疑惑について、同サッカー部の公式とされるツイッターアカウントが動画を公開した。

 生徒複数が今回の一件の経緯を説明している動画は大きな関心を集め、「なぜ大人が出てこない」「子どもたちを矢面に立たせるのはなぜだ」といった声も上がっていた。

 翌23日、生徒が有志で運営しているとされるアカウントは12時42分に「この件の動画について一旦削除させていただきたいと思います。理由は後ほど文面でお伝えさせていただきます」と投稿。ほどなくして動画は削除された。

 そして14時27分、再びツイッターが更新された。「昨日の動画を削除したことについて」という言葉で始まる投稿で、削除に至った経緯を説明している。
【投稿】秀岳館高校サッカー部のアカウントが動画の削除に至った経緯を説明
「昨日の自分達が投稿した動画を削除した理由ですが、自分達が伝えたいこと、保護者やサッカー部を応援してくださっている皆様に知ってほしいことを自分達が発信することによって聞いてほしくて出した動画が結果的に学校や監督、コーチに対して迷惑がかかる形になってしまい削除の運びとなりました。

 あくまでも今回の動画は自分達サッカー部員の有志が考え行動したことになります。また公式Instagram、Twitterはプロフィールに書いてある通り生徒で企画、運営を行っています。ご理解よろしくお願いします」(原文ママ)

 同件に関して、秀岳館高校サッカー部の公式サイトは22日に公開したリリースで「このたびは世間をお騒がせしてしまっていることを深くお詫びいたします。現在、学校と連携して調査を進めております。保護者の皆様、地域の皆様にはご心配、ご迷惑をお掛けして申し訳ございません」と謝罪

 さらにはメディア関係者に向けて「関係ない子どもたちがインタビューを撮られたりなどして、非常に不安を高めています。生徒たちに関しては、ぜひ温かい目で静観していただけるようよろしくお願いいたします」と綴っている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

関連記事(外部サイト)