チェルシーの買収先がついに決定!ドジャースの共同オーナーらのグループと合意と発表!売却額約4000億円はウクライナ支援のために寄付

チェルシーの買収先がついに決定!ドジャースの共同オーナーらのグループと合意と発表!売却額約4000億円はウクライナ支援のために寄付

買収先と合意したと発表したチェルシー。(C)Getty Images



 チェルシーは5月7日、公式ホームページで、メジャーリーグのロサンゼルス・ドジャースの共同オーナーであるトッド・ボーリー氏らのコンソーシアムがチームを買収することで合意したと発表した。

 このコンソーシアムには、ボーリー氏のほか、米投資グループのクリアレイク・キャピタル、ドジャースの会長マーク・ウォルター氏、スイスの大富豪ハンスユルグ・ウィス氏らが参加しているという。
 
 買収額は25億ポンド(約4000億円)で、ロシアへのウクライナへの軍事侵攻を受けて、現オーナーであるロマン・アブラモビッチ氏及びクラブの口座は凍結しているため、この金額は英国政府の口座に入金され、アブラモビッチ氏の意向に応じて、ウクライナ支援のために100%寄付される。

 ただ、新オーナーは17億5000万ポンド(約2700億円)をクラブのために追加投資する予定で、これは本拠地スタンフォード・ブリッジの改修や下部組織、女子チームに投資され、チェルシー財団のためにも活用されるという。

 チェルシーは、「5月末に買収手続きが完了する予定」と伝えている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【PHOTO】ドリームチーム撃破、イスタンブールの奇跡、マドリーの3連覇etc...CL歴代王者の戴冠シーンを一挙公開!

関連記事(外部サイト)