「彼はサッカー場でJUDOをしている」元英代表レドナップがイエロー2枚で退場のアーセナルCBを痛烈批判!「本当にひどい判断」

「彼はサッカー場でJUDOをしている」元英代表レドナップがイエロー2枚で退場のアーセナルCBを痛烈批判!「本当にひどい判断」

ソン・フンミン(左)と激しく競り合うホールディング(右)。(C)Getty Images



 現地時間5月12日に開催されたプレミアリーグ第22節の延期分で、冨安健洋が所属する4位のアーセナル(勝点66)は、5位のトッテナム(同62)と敵地で対戦し、0―3で完敗を喫した。この大一番の結果を大きく左右したのが、ロブ・ホールディングの痛恨の退場だ。

 0―1で迎えた33分、イングランド人CBは序盤からやり合っていたソン・フンミンが、ロングボールに反応して裏のスペースに抜け出そうとしたところを、顔面に肘を入れるような形でブロック。26分にも韓国代表FWへのファウルで警告を受けていたなか、再びイエローカードを貰い、退場となった。
【動画】1枚目のイエローからわずか7分!ソン・フンミンへの2度のファウルでホールディングが退場

 現地紙『Daily Mail』によれば、トッテナムOBのジェイミー・レドナップ氏は、アーセナルのプランを台無しにしたホールディングを痛烈に批判。「愚かなことだ。彼はサッカー場でJUDOの技をやっている」と『Sky Sports』で語っている。

「我々は、このような規模のダービーマッチでは、頭は冷静にと試合前に話していたんだ。一度イエローカードを受けたからには、とにかく慎重にならないと。ソンにぴったりくっついてはいけない。足で競り合うようなことはしてはいけないんだ。彼は肘を上に向けていた。ホールディングの判断は本当にひどい」
 
 48歳の元イングランド代表MFは、アーセナルのミケル・アルテタ監督の采配も疑問視。数的不利となった直後に手を打たなかったことで、前半のうちにCKから、ハリー・ケインに追加点を許したと指摘している。

「監督の間違いを認めざるを得ない。センターバックを失ったら、できるだけ早く別のセンターバックをピッチに立たせるのが鉄則だ。ベン・ホワイトを起用すべきだった。彼らは自分たちの手薄さを放置し、センターバックが必要なときにセットプレーでやられた。世界一背の高いチームでもないのに」

 アーセナルは、勝てば6シーズンぶりのチャンピオンズ・リーグ出場が確定したが、敗れたことでトッテナムとの勝点差は「1」に縮まり、切符の行方は全く分からなくなった。残りは2試合、最後に笑うのはどちらか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!

関連記事(外部サイト)