「苦い顔でコンテに腹を立てた」得点王を争うソン・フンミン、交代への不満気な態度に現地騒然! 本人は弁解「がっかりしているけど…」

「苦い顔でコンテに腹を立てた」得点王を争うソン・フンミン、交代への不満気な態度に現地騒然! 本人は弁解「がっかりしているけど…」

全3点に絡んだソン・フンミン。(C)Getty Images



 5月12日に開催されたプレミアリーグ第22節の延期分で、5位のトッテナムは、冨安健洋が所属する4位のアーセナルと対戦。この注目のノースロンドン・ダービーに3-0で快勝し、宿敵との差を1ポイント差に詰めた。

 そのトッテナムで2ゴールのハーリー・ケインとともに躍動したのが、韓国代表FWソン・フンミンだ。

 先制点となった22分のPKを獲得すれば、33分には鋭い動き出しで敵CBロブ・ホールディングの退場を誘発。さらにその4分後には、CKのキッカーとして追加点を呼び込んだ。
【動画】アーセナルDFの肘打ちに顔面を抑えて倒れ込むソン・フンミン

 迎えた47分には、ケインがエリア内で粘ったこぼれ球を詰めて、自ら3点目を奪取。これで今季リーグ戦21ゴール目となり、得点ランキング1位のモハメド・サラー(リバプール)に1点差に迫った。
 
 得点王争いのことも多少は意識があったか。72分に交代を告げられると、明らかに不満そうな表情見せた。ベンチに下がってきた7番を、アントニオ・コンテ監督がなだめるようなシーンもあった。

 この態度に、『detik.com』が「トッテナムはアーセナルに3-0で勝利したにもかかわらず、ソン・フンミンが苦い顔をして、コンテ監督に腹を立てた」と伝えれば、『Squawka News』は「ソン・フンミンがプレミアリーグの得点王を本当に望んでいることは分かった」と綴るなど、少なくメディアが取り上げ、反響を呼んでいる。

 ただ試合後、本人は英衛星放送『Sky Sports』のインタビューで笑顔を見せながら、こう打ち明けている。

「もちろん、常にプレーしたいけど、受け入れなければいけない。日曜日にまた試合があるから、(交代は)そういう理由だ。ただ、がっかりしているだけで、怒っているわけではないよ」

 そうコメントしたか韓国のエースは、「先に進まなければならない。プレーを続けたかったんだ。(この後も)重要な試合があるので、準備をして、元気に回復し、またフレッシュになる必要がある」と続けている。

 コンテ監督にしてみれば、替えの利かない選手だけに、趨勢が定まった試合での怪我や体力の消耗のリスクを考慮したのだろう。ただ、現在の好調ぶりなら、残り2試合で得点王は十分に狙えるはずだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】交代にコンテ監督の前で不満そうな表情をみせるソン・フンミン

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!

関連記事(外部サイト)