古橋亨梧が前半だけでスーパーゴール2発!今季公式戦20ゴールに到達、リーグ得点ランクも1位まで1点差に肉薄

古橋亨梧が前半だけでスーパーゴール2発!今季公式戦20ゴールに到達、リーグ得点ランクも1位まで1点差に肉薄

古橋 公式戦33試合20ゴール

古橋亨梧が前半だけでスーパーゴール2発!今季公式戦20ゴールに到達、リーグ得点ランクも1位まで1点差に肉薄

前半だけで2ゴールを奪った古橋。(C)Getty Images



 5月14日に開催されているスコットランド・リーグ最終節で、日本人選手4人が所属するセルティックは、4位のマザーウェルとホームで対戦。古橋亨梧がCF、前田大然が左ウィングで先発し、井手口陽介はベンチスタート、旗手怜央はメンバー外となった。

 前節に2年ぶり52度目のリーグ制覇を決めたホームチームは、立ち上がりから圧倒的に押し込み、21分に試合を動かす。CKのクリアミスをペナルティエリア内で拾った古橋が、冷静に相手をかわし、振り向きざまに右足を一閃。鋭いシュートをニアサイドに突き刺した。
 
 止まらない日本代表FWは、40分にデイビット・ターンブルが追加点を奪い、2―0で迎えた44分にもスーパーゴール。アンソニー・ラルストンの縦パスに反応すると、後ろから来る難しいボールを、ダイレクトボレーで合わせ、鮮やかにネットを揺らした。

 これで古橋は公式戦33試合で20ゴール目で、リーグ戦では20試合で12ゴール目。13ゴールで得点ランキング1位のレーガン・チャールズクック(ロス・カウンティ)まで、1点差に迫った。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】どちらもハイレベルなスーパーゴール!古橋が決めた圧巻2発をチェック

【動画】「年間ベストゴール賞」を受賞!古橋が決めたリーグカップ決勝の鮮烈弾

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!

関連記事(外部サイト)

  • 1

    中村俊輔以降でまたセルティックで大活躍している日本人が出てきたのは嬉しい

すべてのコメントを読む