「チームのパフォーマンスの象徴としての受賞」広島のスキッベ監督がJ1月間優秀監督賞に選出!

「チームのパフォーマンスの象徴としての受賞」広島のスキッベ監督がJ1月間優秀監督賞に選出!

4月度の月間優秀監督賞を受賞した広島のスキッベ監督。「順位を一つでも上げられるように頑張っていきたい」と意気込む。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)



 Jリーグは5月17日、4月度の月間優秀監督賞を発表。J1は広島のミヒャエル・スキッベ監督、J2は仙台の原崎政人監督、J3は松本の名波浩監督がそれぞれ選出された。

 スキッベ監督率いる広島は、4月の5試合で3勝2分と負けなし。シーズン序盤は開幕から5試合勝ちなしと苦しんだものの、4月は立て直し、徐々に順位を伸ばしている。

 選出理由について、Jリーグ選考委員会からは、「ポゼッションを大切にしたプレーモデルから多くのチャンスを構築できている」(宮本恒靖委員)、「ゲームモデルも攻撃的で魅力的なスタイルに変貌させた」(柱谷幸一委員)など評価された。
 
 受賞にあたり、スキッベ監督がコメントを発表。以下のように述べた。

「このたび、明治安田生命J1リーグ4月度月間優秀監督賞に選出いただき、ありがとうございます。チームのパフォーマンスの象徴としての受賞であり、この賞の大半はチームの活躍があってこそだと思っています。支えてくれている選手、チームスタッフ、ファン・サポーターに感謝したいです。ただし、戦いはまだまだこれからです。今後もチーム一丸となって戦い、順位を一つでも上げられるように頑張っていきたいと思います」

 また、仙台の原崎監督は、「これからもサッカーの力で宮城県をはじめ東北全体を盛り上げ、Jリーグの発展に貢献してまいります」とコメント。松本の名波監督は、「これからも皆さんと一緒に戦い、シーズンの最後に目標が達成できるようにがんばります。引き続き熱い応援をよろしくお願いいたします」と意気込んだ。

構成●サッカーダイジェストWeb

【PHOTO】サポーターが創り出す圧巻の光景で選手を後押し!Jリーグコレオグラフィー特集!

【PHOTO】編集部が厳選! ゲームを彩るJクラブ”美女チアリーダー”を一挙紹介!

【PHOTO】エディオンスタジアムに駆けつけたサンフレッチェ広島サポーター!
 

関連記事(外部サイト)