【森保ジャパン最新序列】大迫不在のCFはアピール合戦へ。久保、鎌田らの活用法も定まるか?

【森保ジャパン最新序列】大迫不在のCFはアピール合戦へ。久保、鎌田らの活用法も定まるか?

6月の4試合に向けて28人を招集。11月末の本大会へ貴重なテストの場となる。



 今年11月末に開催されるカタール・ワールドカップへの準備期間は残り約6か月。本大会のグループリーグでドイツ、スペインと同組(残り1か国は大陸間プレーオフの勝者。ニュージーランドかコスタリカ)になった日本は“世界仕様”への強化を進める。

 その意味で6月に組まれる4試合は貴重なテストの場だ。キリンチャレンジカップとして6月2日には札幌ドームでパラグアイと対戦し、6月6日にはすでにチケットが完売した国立競技場でのブラジル戦を控える。その後はキリンカップとして、6月10日にノエビアスタジアム神戸でガーナと、6月14日にパナソニックスタジアム吹田でチリとチュニジアの勝者と対戦する。

 大切な4試合に向けて森保一監督は28人のメンバーを招集。フレッシュな人材と言えば、新顔のCB伊藤洋輝、久々のメンバー入りとなったGK大迫敬介、右SB菅原由勢の3人くらいで、チームの成熟を図る指揮官の狙いが色濃く表われる顔ぶれとなった。ここではその選手たちの最新序列を考えてみる。
 
【GK】
◎権田修一(清水)
△川島永嗣(ストラスブール/フランス)
△シュミット・ダニエル(シント=トロイデン/ベルギー)
△大迫敬介(広島)

◎=レギュラー候補 〇=有力 △=バックアッパー

 4人体制のGK陣で、アジア最終予選でも正守護神を担った権田が引き続きレギュラーを務めるだろう。もっとも不測の事態に備え、経験豊富な川島、30歳のシュミットにも出番が訪れるか。若手としてはここ数試合、メンバーに入っていた湘南の谷晃生に代わり、同じく東京五輪世代の大迫がエントリー。アピールできるか楽しみだ。

【CB】
◎吉田麻也(サンプドリア/イタリア)
◎板倉 滉(シャルケ/ドイツ)
○谷口彰悟(川崎)
〇冨安健洋(アーセナル/イングランド)
△伊藤洋輝(シュツットガルト/ドイツ)

◎=レギュラー候補 〇=有力 △=バックアッパー

 ワールドカップ出場を決めた大一番、アウェーのオーストラリア戦では冨安が不在で、吉田と板倉が先発。川崎で高いパフォーマンスを示す谷口も控えるが、冨安の状態が不透明な今、ファーストチョイスと目されるのは吉田&板倉のコンビだろう。

 ちなみに森保監督は冨安について「実際の怪我の状況をしっかり見て、どういうふうにチームとして彼をサポートしていくかをメディカルの判断に従ってやっていきたい」と説明している。

 一方、注目を集めるのがシュツットガルトで逞しく成長し、初のA代表入りを勝ち取ったレフティの伊藤洋輝だ。ボランチも務めるマルチだが、渡独後も最終ラインのひとりとして頭角を現わし、今代表でもDF登録として名を連ねた。多くの人がそのプレーを待ち望んでいるだろう。

【SB】
◎長友佑都(FC東京)
◎山根視来(川崎)
〇中山雄太(ズウォーレ/オランダ)
△菅原由勢(AZ/オランダ)

◎=レギュラー候補 〇=有力 △=バックアッパー

 今回、SBの頭数は通常より少なめ。右は山根、菅原、左は長友、中山に振り分けられそうだが、4試合を戦うだけに長友を右に回すなど、柔軟な配置も見られるかもしれない。もしくは3バックとの併用もあるか。

 5月3日に全治約2か月の怪我(右足第5中足骨を負傷)が発表された酒井が不在の右SBは、ここ2試合でスタメンを掴んでいる山根が引き続きレギュラーとして計算されるはず。そこに菅原が挑む構図が考えられる。

 左は経験値や指揮官の信頼度を鑑みれば、現状では長友が序列で中山を上回るか。もっとも今シリーズのパフォーマンス次第で立場が逆転する可能性もあるだろう。

【PHOTO】W杯メンバー入りをかけた4連戦!6月の強化試合に挑む日本代表招集メンバーを一挙紹介
 

【アンカー】
◎遠藤 航(シュツットガルト/ドイツ)
△柴崎 岳(レガネス/スペイン)

◎=レギュラー候補 〇=有力 △=バックアッパー

 遠藤はインサイドハーフの田中、守田とともに欠かせない存在。他の候補としては先のベトナム戦でスタメン出場した柴崎が考えられつつ、守田を回す手もあるだろう。

 もしくは4-2-3-1を採用した場合は、遠藤、柴崎、守田、田中がダブルボランチとしてふたつの椅子を争うことになりそう。


【インサイドハーフ】
◎守田英正(サンタ・クララ/ポルトガル)
◎田中 碧(デュッセルドルフ/ドイツ)
○原口元気(ウニオン・ベルリン/ドイツ)
△鎌田大地(フランクフルト/ドイツ)
△久保建英(マジョルカ/スペイン)

◎=レギュラー候補 〇=有力 △=バックアッパー

 現状の4-3-3のキーマンとなっている守田、田中は不可欠な存在で、ポイントはこのポジションの選手層を向上できるかだろう。序列アップを目指すのはクラブでもインサイドハーフを務める原口で、モチベーションは高い。また柴崎の起用も考えられる。

 一方で鎌田、久保、堂安らも候補に挙がるが、彼らを組み入れる場合は4-2-3-1へ並びを変えるか。インサイドハーフの人材は限られているだけに、指揮官はふたつのシステムを使い分ける予定なのかもしれない。
【ウイング】
◎伊東純也(ヘンク/ベルギー)
◎南野拓実(リバプール/イングランド)
〇三笘 薫(ユニオン・サンジロワーズ/ベルギー)
△浅野拓磨(ボーフム/ドイツ)
△久保建英(マジョルカ/スペイン)
△堂安 律(PSV/オランダ)

◎=レギュラー候補 〇=有力 △=バックアッパー

 人材は豊富だ。現時点では右の伊東、左の南野が“王道”だが、オーストラリア戦で日本にワールドカップ出場をもたらす2ゴールを挙げた三笘の評価はうなぎ上りで、クラブでも好プレーを続けている。

 さらにスピード自慢でCFにも対応する浅野、インサイドハーフにも名が挙がる久保、堂安も控える。4試合を通じて各選手にアピールの場が設けられそうだが、存在価値を高めるのは誰か?

【CF】
◎古橋亨梧(セルティック/スコットランド)
〇前田大然(セルティック/スコットランド)
○上田綺世(鹿島)

◎=レギュラー候補 〇=有力 △=バックアッパー

「直近の試合でメンバー外ということで詳しい状態は入手していませんが、コンディション的には100パーセントではないということを聞いています」

 そう説明したように、森保監督は大迫勇也の招集を断念。ただ指揮官は「彼が代表でプレーできないということは残念ですが、大迫抜きで戦った時にチームとしてはいろんな選手にチャンスがある。チームの伸びしろをさらに増やしていく、チーム力を上げていくということではチャンスであるとも言える」ともコメント。

 今シリーズで最も熾烈なアピール合戦が繰り広げられそうだ。候補は古橋、前田、上田。それぞれ大迫とはタイプが異なるだけに、前線に新たな武器を加えてくれることに期待したい。
 
文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

関連記事(外部サイト)