「C・ロナウドさえもなかった!」エムバペ獲得でパリSGとの綱引き続くマドリー。異例の“特権”を許容と現地報道!「当初は決して受け入れなかったが…」

「C・ロナウドさえもなかった!」エムバペ獲得でパリSGとの綱引き続くマドリー。異例の“特権”を許容と現地報道!「当初は決して受け入れなかったが…」

22日にも去就を表明するとされているエムバペ。(C)Getty Images



 契約延長をしてパリ・サンジェルマンに残留するのか。かねてより相思相愛とされてきたレアル・マドリーの移籍するのか。フランス代表FWキリアン・エムバペの決断を世界中が注視している。

 両クラブがエムバペに対するオファーを出し終え、あとは本人の決断次第とも報じられるなか、マドリーが異例の妥協をしたようだ。

 スペイン・メディア『BESOCCER』が「エムバペがマドリーでの特権の可能性。クリスチアーノでさえも持っていなかった!」と題した記事を掲載。次のように伝えた。
 

「PSGのエムバペは、来シーズンの彼の将来についてまだ決定を下していない。レアル・マドリーのオファーはまだテーブルにあり、(マドリー時代の)クリスチアーノ・ロナウドも持っていなかった肖像権の特権がある。フランス代表は100%を受け取ることができる」

 記事は「エムバペ側は、肖像権に関して100%の管理を行ないたいと明確に考えている。当初、レアル・マドリーは決して受け入れなかった。しかし、白紙撤回したようだ。これが実現した場合、C・ロナウドだけが(マドリーの規約である)50%を超えたことがあった肖像権(60%)を上回ることになる」と続けている。

 エムバペ側は、スポンサー収入が激減してしまうマドリーの肖像権の条件に難色を示し、それがパリSGの残留を考えるようになった一因のひとつと言われている。

 マドリーが100%を認めたのであれば、大きな譲歩と言えるが、果たして…。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】カメラ目線のメッシに注目!17歳女子ゴルファーが投稿したPSGスターとのセルフィ―

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!

【PHOTO】絶世の美女がずらり! C・ロナウドの“元恋人&パートナー”たちを年代順に一挙公開!

関連記事(外部サイト)