「彼は良い選手、本当に頼れる」元プレミア得点王が南野拓実の“争奪戦”に言及!「どこでもラツィオを倒せる」

「彼は良い選手、本当に頼れる」元プレミア得点王が南野拓実の“争奪戦”に言及!「どこでもラツィオを倒せる」

今夏の去就が注目されている南野。(C)Getty Images



 世界最高級のクラブにとどまるべきか。出場機会を求めて移籍すべきか。この夏、リバプールの南野拓実は今後のキャリアも左右しかねない重要な決断を迫られる。

 今季の南野はリーグカップとFAカップでチーム最多得点を記録し、国内カップ戦2冠に貢献した。だが、リーグカップでは決勝、FAカップでは準決勝以降に出場機会を得られていない。

 惜しくもマンチェスター・シティとのタイトルレースに敗れ、2位に終わったプレミアリーグでは、3得点を挙げている。だが、出場は11試合のみ。スタメンに名を連ねたのは、最終節を前に大幅なターンオーバーがあった第37節のサウサンプトン戦だけだ。

 それでも、限られた機会で結果を残した。前述のカップ戦での活躍に加え、今季唯一のフル出場となったサウサンプトン戦でもネットを揺らしている。1得点を挙げるのに要した時間は、公式戦で101分。プレミアリーグに限れば、59分ごとに1ゴールを決めてきた。

 チームにとって強力なベンチ要員であることは確かであり、本人がモチベーションを保てるのであれば、チームに残したいと望んでも不思議ではない。一方で、当然、もっとプレーするチャンスが欲しいだろう。そのため、去就が取り沙汰されているのだ。
 
 日本代表FWは冬のマーケットでも関心が騒がれたリーズや、イタリアのラツィオ、インテルといったクラブからの興味が噂されている。元イングランド代表FWのケビン・フィリップスは、プレミアリーグのクラブが獲得に動けば、南野を手に入れられるのではないかと話した。

 元プレミアの得点王は、『Football Insider』で「リバプールが(南野を)リーズナブルな価格で手放すなら、必ず関心が寄せられるはずだ」と述べている。

「彼は良い選手だ。今シーズン、その才能を示したことは疑いない。いくつか重要なゴールを決め、本当に頼れる選択肢だと示した。イングランドのクラブたちがクンクン嗅ぎまわっているはずだ。サラリーと移籍金次第だろうね。支出に関してはおそらく、プレミアリーグのクラブならどこでもラツィオを倒せるんじゃないかと思う」

 27歳とキャリアの全盛期を迎えている南野は、どのように考えているのだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】少ない出場時間で二桁得点達成!現地ファンも絶賛した南野の全ゴール集

【動画】南野は誰と2ショット?「メダルなし」が話題となっている機内記念写真

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?