元代表GK川口能活の薫陶を受ける佐藤瑠星。虚無感に襲われた選手権準優勝の悔しさを糧に、新たな一歩を踏み出す【U-19代表】

元代表GK川口能活の薫陶を受ける佐藤瑠星。虚無感に襲われた選手権準優勝の悔しさを糧に、新たな一歩を踏み出す【U-19代表】

謙虚に学ぶ姿勢を崩さない佐藤。若き守護神のさらなる成長と進化に期待したい。写真:松尾祐希



 今でも忘れていない。今年の1月10日、人生で最も辛い敗北を味わった。

 高校サッカー選手権の決勝。青森山田に0−4で敗れ、国立競技場のピッチに立ち尽くした。あの敗戦から約5か月。大津高から筑波大に進学した守護神・佐藤瑠星は、日の丸を背負い、新たな戦いに身を投じている。

 U-19日本代表はモーリスレベロトーナメント(旧・トゥーロン国際大会)の初戦を5月31日に迎える。「選ばれたことは嬉しいけど、満足していたらその先はない。ここからが勝負」。アルジェリアとの初戦を前に、佐藤は高いモチベーションで準備を進めている。

 佐藤にとって海外遠征は今回が初めて。時差ぼけや食事面はスムーズに適応して順調に調整を続ける一方で、ヨーロッパ特有の深い芝にまだ慣れていない。だが、佐藤はネガティブに捉えていないと話す。

「自分は足もとがうまくないので、少しでもグラウンドやボールが変わると苦戦してしまう。そこは言い訳せずにやっていかないと、自分の成長にもチームの成長にも繋がらない」

 実践的なトレーニングでも、元日本代表の川口能活GKコーチの話に積極的に耳を傾け、自ら助言をもらいに行くシーンも少なくない。印象的だったのは29日の紅白戦だ。3人体制のGKはローテーションでピッチに立っていたが、佐藤はゲームに出場しない時、川口コーチと話し込んだ。

 その後、マンツーマンで指導を受け、GKとしての構えや立ち位置を確認。「身体の向きとかボールに対するポジショニングを教わっていた」と話すように、自分に足りない技術を積極的に取り入れようとしていた。

 GK歴はまだ6年にも満たない。大津高で才能が開花したが、まだまだ知らないこともたくさんある。春から席を置いている筑波大だけではなく、U-19代表でも謙虚に学ぶ姿勢を崩さない。だからこそ、成長スピードが鈍化しないのだろう。
 

 そんな佐藤にとって、今大会に挑むうえで決めていることがある。二度と後悔しない――きっかけは、先述の選手権決勝の青森山田戦だった。敗れた後、涙すら出てこないほどの悔しさを味わった。佐藤は当時をこう振り返る。

「手も足も動かなくて、何も考えられなかった。涙が出てこなくて。その日の夜も3年生だけで話したんですけど、何も出てこなくて。完敗した試合で自分は思い通りのプレーができなかった。全力で少し出し切ったというよりも、出せずに悔いが残った形。そういうところで逆に涙が出なかったんです」

 今まで味わったことがない虚無感。だからこそ、今大会は悔いを残したくないと誓う。

「U-20ワールドカップに出場するチームで守護神を務める。そのためにやってきて、フランスの地でやっと第一歩を踏み出せた。メンバーの序列もあるけど、ワールドカップまで時間はあるので変えられる。気負う必要もないけど、意識をしながら序列を変えていきたい。青森山田戦は自分のプレーを出せずに悔しかったからこそ、今回の代表活動では自分のプレーを出す。やり切った感情が残ればいいなと思う」

 あんな想いは二度としたくない。誰よりも悔しさを味わったU-19代表の守護神候補は、日の丸を背負い、新たな一歩を踏み出す。

取材・文●松尾祐希(フリーライター)

【PHOTO】期待の若手が集結!U-19日本代表のトレーニングキャンプを特集!

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!
 

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?