U−19日本代表、モーリスレベロトーナメント連勝ならず。コモロの猛攻を耐え抜くも0−0で突入したPK戦の末に敗戦

U−19日本代表、モーリスレベロトーナメント連勝ならず。コモロの猛攻を耐え抜くも0−0で突入したPK戦の末に敗戦

U−19日本代表はコモロにPK戦の末敗れ、大会連勝とはならなかった。※写真は前節のアルジェリア戦 写真:松尾祐希



 U−19日本代表は現地時間6月3日、フランスで開催されているモーリスレベロトーナメント(旧トゥーロン国際大会)のグループステージ第2戦でコモロと対戦。スコアレスで突入したPK戦の末に敗戦を喫した。
 
 日本のスターティングメンバーは、GKに木村凌也、4バックは中野伸哉、菊地脩太、工藤孝太、松田隼風、2ボランチは山根陸、福井太智、2列目は橋センダゴルタ仁胡、屋敷優成、2トップは横山歩夢、中村仁郎というラインナップに。
 
 序盤から相手にボールを保持され、縦に速い攻撃から危険なシーンを作られる。17分にはアタッキングサードでパスを繋がれ、ペナルティエリア手前中央から放たれたシュートはGK木村が好セーブで防ぐ。
 
 32分、自陣でのミスからボールを奪われ、カウンターを受ける。このピンチには、菊地が身体を投げ出してシュートブロック。身体を張った守りで、最後の局面で相手に自由を与えない。
 
 一方で攻撃ではなかなか効果的なスペースを見つけられず、中盤での相手の激しいプレッシャーに苦戦。決定機を一度も得られないまま、前半はシュート0本に終わる。
 
  スコアレスで折り返した後半も立ち上がりから押し込まれ、守備の時間が増える。しかし相手の猛攻を耐えしのぐと、徐々にリズムを取り戻す。64分、ゴール前のこぼれ球に反応した横山のシュートは枠の上に外れる。

 その後もセットプレーなどからチャンスを作るが、1点が遠く。得点を奪えないまま刻一刻と時間だけが過ぎていき、試合は0−0でPK戦に突入。これに0−3で敗れ、今大会2連勝とはならなかった。

 日本は次戦、日本時間6日の21時キックオフでコロンビアと対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】古川、中野ら期待の若手が集結!U-19日本代表のトレーニングキャンプを特集!
 

関連記事(外部サイト)