久保建英が「企業秘密です」と意味深。誕生日でメンタル面に大きな変化が?

久保建英が「企業秘密です」と意味深。誕生日でメンタル面に大きな変化が?

ガーナ戦でA代表初ゴールを挙げた久保。撮影:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)



 日本サッカー界が、長く待ち望んだ瞬間だった。6月10日のガーナ代表戦(キリンカップサッカー準決勝)で73分、久保建英が三笘薫からのクロスに左足で合わせてゴールネットを揺らしたのだ。
 
 2019年6月のエルサルバドル戦で日本代表デビューした久保だが、約3年間でゴールもアシストもゼロ。4試合が組まれている今回の6月シリーズは、2日のパラグアイ代表戦は途中出場したものの存在感を放てず、6日のブラジル代表戦は出番なしに終わっていた。
 
 しかしこのガーナ代表との試合では、インサイドハーフとして攻守に躍動。Aマッチ初ゴールまで決めて見せた。16試合でゴールやアシストという明確な結果を残せなかったことについては、本人も焦りがあったという。
 
「周りの選手がどんどんゴールを決めていくなか、僕はシュートがブロックされたりわずかに外れてしまったりで。なんで俺だけっていう、焦りは少しあった」
 
 ただ、パラグアイ戦後に迎えた誕生日(6月4日)をキッカケに、メンタル面で大きな変化あったという。
 
「パラグアイ戦の後に誕生日があって、部屋で色々と考えた結果、気持ちが吹っ切れました。そこから練習でもプレーが軽くなったし、今日も軽くプレーできました。21歳になって何か変わったかなと思います。具体的にどんな変化が? それは秘密です、企業秘密なんで」
 
 心身両面で吹っ切れた久保は、6月シリーズ最後となる14日のチュニジア戦でも活躍し、カタール・ワールドカップのメンバー入りに向けてアピールできるか。要注目だ。
 
取材・文●白鳥大知(ワールドサッカーダイジェスト編集部)

【動画】久保建英の記念すべき代表初ゴール!

【PHOTO】ついにA代表初ゴール!ピッチを縦横無尽に駆け回り存在感を発揮した久保建英!
 

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?