「なんてゴールだよ」「メッシか」U-21日本代表を葬り去った“ウズベク10番”のスーパーミドル弾に海外衝撃!

「なんてゴールだよ」「メッシか」U-21日本代表を葬り去った“ウズベク10番”のスーパーミドル弾に海外衝撃!

日本戦で度肝を抜くシュートを決めたジャロリディノフ(右)。(C)2022 Asian Football Confederation (AFC)



 現地時間6月15日に行なわれたU-23アジアカップの準決勝で、U-21日本代表は開催国のU-21ウズベキスタン代表と対戦。0−2で敗れた。

 反響を呼んでいるのが、この試合の先制点となったスーパーゴールだ。60分、ウズベクの10番ジャスールベク・ジャロリディノフが中央でボールを受けると、エリア外から左足を一閃。シュート回転しながら曲がって落ちるミドルシュートを叩き込んでみせた。

【関連動画】日本の守護神・鈴木彩艶が触ることもできず…ウズベギスタンのエースが決めた衝撃のミドル弾
 日本のGK鈴木彩艶が触ることもできなかった鮮烈な一撃をAFC(アジア・サッカー連盟)の公式インスタグラムが投稿すると、ファンも驚愕。「なんてゴールだよ」「メッシか」「スーパーゴール」「今大会のベストゴールだ」「プスカシュ賞!」「ジャス―ル・メッシ」「今大会最高の選手」「ウズベクのメッシ」といった感嘆の声が寄せられている。

 この1点でアドバンテージを奪われ、終盤に追加点を献上して敗れた日本の選手たちにとっては、忘れたくても忘れられないゴラッソになるかもしれない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

[試合情報]
AFC U23アジアカップ2022
3位決定戦
日本代表 vsオーストラリア代表
2022年6月18日(土)22時キックオフ
DAZN独占配信

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!

【PHOTO】韓国女子代表が誇るビーナス、イ・ミナの可憐な厳選フォトをチェック!

関連記事(外部サイト)