「鳥肌が立った!」鎌田&長谷部所属のフランクフルトが来シーズンの新ユニを発表! 大胆な刷新にファンも興奮

「鳥肌が立った!」鎌田&長谷部所属のフランクフルトが来シーズンの新ユニを発表! 大胆な刷新にファンも興奮

長谷部や鎌田が着用した21-22シーズンのホームユニは黒がベースだった。(C)Getty Images



 現地時間6月21日、長谷部誠と鎌田大地が所属するブンデスリーガのフランクフルトが、2022-23シーズンのホームユニホームを発表。長谷部が着用した姿も公開され、大きな反響を呼んでいる。

 21-22シーズンの黒をベースに赤いラインが入ったデザインから大胆に刷新し、白をベースに、黒いラインが入ったシンプルなものに変更。同シーズンのヨーロッパリーグ(EL)で優勝した際に着用した”白”を強調したデザインになっている。

 クラブの公式HPでは「背番号と名前も白地に黒、パンツは黒をベースに、白と黒のアイントラハトのワッペンが入り、ソックスは白。オールホワイトの美しさを強調している」と説明。公開された新ユニの紹介ムービーには、元主将のダビド・アブラアムなどのレジェンドが登場し、白ユニ着用時の名場面を振り返っている。
【画像】ベースカラーは昨季の黒から、白にチェンジ! 長谷部誠の着用姿をチェック
 また、ユニホームを着用するセバスティアン・ローデやフィリップ・コスティッチ、長谷部らの姿が公式HPやSNSを通じて公開されると、現地ファンから多くのコメントが寄せられた。

 集まった声のほとんどが「鳥肌が立った!」「シンプルでエレガント。絶対買う」「白は僕らが大好きなカラーだ!」「誇りに思う。泣きそうだ」といった絶賛だ。そのほかにも「襟があれば完璧だったよ。つらい」「コスティッチが着ているということは…?」「ダイチがいない」「アウェーとサードが気になる」といったコメントもみられた。

 フランクフルトは同日に、ドイツ代表経験のあるマリオ・ゲッツェの加入も発表。ファンにとっては喜びに沸く日になったようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画&画像】トレードマークの縦縞が獣の爪痕のようなフォルムに! 柴崎も着用している新ユニをチェック

【画像】ケインやソン・フンミンが着用した、スパーズの新ホームユニをチェック

【画像】フォーデンやグリーリッシュの着用姿も! マンCの新ホームキットをチェック

【動画】ユベントスの新ホームキット! 伝統の白×黒は守りつつ、縦縞に一工夫あるデザイン

【動画】ペドリが着用! リニューアルされたバルセロナの新ホームキットをチェック

【画像】シンプルな縦ストライプに注目! ベリンガム、ロイスが着用したドルトムントの来季ホームキットをチェック

関連記事(外部サイト)