「上原だけは見ていた」敵の企てを見逃さなかったジュビロ背番号7の“ファインプレー”に脚光!「歴史に残るゴール」

「上原だけは見ていた」敵の企てを見逃さなかったジュビロ背番号7の“ファインプレー”に脚光!「歴史に残るゴール」

鋭い観察力で得点を演出した上原。試合は3−1で磐田が勝利した。写真:滝川敏之



 6月18日に行なわれたJ1リーグ第17節のジュビロ磐田対サガン鳥栖で、磐田のFWファビアン・ゴンザレスが奪った先制弾が話題を呼んでいる。

 8分、鳥栖がCKのチャンスを獲得。鳥栖がセットプレーを始めようとしたところに、磐田の上原力也がすぐさま駆け寄り、セットしてあるボールを奪ってカウンターを開始。一度は鳥栖のGK朴一圭に阻まれたものの、クリアボールをリカルド・グラッサが自陣からダイレクトでF・ゴンザレスへつなぐと、コロンビア人FWはワンタッチで大きくゴール前へ抜け出し、そのままゴールを奪った。

 上原のボール奪取では一瞬、何が起こったのか疑問の声も上がったが、Jリーグ公式YouTubeは24日、『上原だけは見ていた。集中を切らさない素晴らしいプレーで得点を演出!』と題し、一連の流れをアップロードした。

 コーナーアークに立つ鳥栖の堀米勇輝がボールをセットする前に、岩崎悠人もボール付近に近づき、先にボールに少し触れる。岩崎が相手選手にばれないように先にボールに触れ、キッカーとなる堀米がクイックでプレーを開始し意表を突くというトリックプレーを試みたものと思われる。

 岩崎がボールに触れたシーンは、中継の映像では分かりにくかったが、リプレーではそれが確認できる。鳥栖の企てに磐田の背番号7はすぐさま気づいて阻止し、ボールを奪って攻撃につなげ、先制点を呼び込んだ。
 
 動画が公開されると、「審判もちゃんと見てたのもいいよね」「これは歴史に残るゴール」「ファビアンゴンザレスのファーストタッチもエグいのよ」「審判も上原もすごいな」「パスが的確すぎる」「サッカーIQ高い」「集中力切らさない素晴らしいプレー」「ラストパスが気持ちよすぎる」といったコメントが寄せられた。

 鮮やかなゴラッソやファンを沸かせるスーパーゴールはもちろん、ピッチ上での些細な“ファインプレー”にも注目だ。

構成●とサッカーダイジェストWeb編集部

【関連動画】「上原だけは見ていた」ジュビロ背番号7の集中を切らさないワンシーンに脚光!「サッカーIQ高い」

関連記事(外部サイト)