序列は4〜5番手のGKがインハイ予選で大奮闘! 新潟明訓・中山光貴の自負と感謝「みんなの思いを絶対に裏切ってはいけない」

序列は4〜5番手のGKがインハイ予選で大奮闘! 新潟明訓・中山光貴の自負と感謝「みんなの思いを絶対に裏切ってはいけない」

インハイ新潟県予選で、新潟明訓の“正守護神”として奮闘した中山。決勝は0−1で悔しい敗戦も、大会を通じて好守を連発した。写真:安藤隆人



 少し前の話になるが、インターハイ新潟県予選を取材していて、驚くべきことがあった。

 石川慧(G大阪)、中村亮太郎(鹿島)、関口正大(甲府)、落合毅人(法政大、清水内定)を輩出する新潟明訓は、準決勝で日本文理を相手に1−0で競り勝って、県予選無失点で決勝進出を果たした。

 決勝では、選手権2年連続ベスト4の全国屈指の強豪で知られる帝京長岡と激突。これも大熱戦となり、0−0で勝負は延長戦までもつれ込んだ。だが延長後半にセットプレーから今大会初失点を喫し、0−1で惜敗した。

 この大会で活躍を見せたのが新潟明訓のGK中山光貴だった。準決勝では二度の決定機をビッグセーブで阻み、決勝でも帝京長岡の猛攻に合うなかで、実に三度の決定機でビッグセーブを披露した。

 まさに新潟明訓にとって今大会準優勝の原動力となった守護神だが、実は中山はチームにおいて『4、5番手のGK』だったことに大きな驚きを覚えた。

 今年、新潟明訓には5人のGKがいる。1番手の石塚天は3年でアルビレックス新潟U-15出身、2番手の本間巧真は2年生で新潟の名門クラブであるグランセナU-15出身。3番手の3年生・菊地紘希と、中山と4番手を争う2年生の鬼丸隼は新潟明訓の下部組織にあたるROUSE新潟FCジュニアユース出身。唯一、中山だけが新潟市内の中体連出身のGKだった。

 中学時代は2年生からレギュラーとなったが、チームは県大会にすら進めず。一度も県大会を経験することなく、中山は新潟の名門校の門を叩いたのだった。

「選手権などで明訓を見て育って憧れがありました。サッカーをする環境も整っているし、スタッフも素晴らしいなと思って、試合に出られる、出られないは一切考えないで、とにかく明訓でサッカーがしたいという思いで入りました」
 
 入ってみると、ほぼ無名でこれといった実績もない中山はGKの中で一番下からのスタートだった。その序列は2年になっても一切変わらず、Bチーム(新潟明訓はAチーム、Bチームの2カテゴリーしかない)の練習試合でも常に3本目の出場だった。しかし、そのなかでもう1つ、一切変わらなかったものがあった。それは彼のサッカーに対する真摯な姿勢だ。

「他の選手と比べて、圧倒的に今までの経験の差を痛感して、もう試合に出られないなと思った」こともあったが、中山の心は折れるどころか、さらに熱を帯びていった。

「サッカーをやめようとか、つまらないとか、嫌だという気持ちには一切ならなかった。なぜかというと、僕は中学時代までサッカーの技術面や考えをあまり教わってこなかったんです。でも高校に入ったら監督やコーチだけでなく、先輩や同級生、後輩も僕にいろんな技術や発想を教えてくれる。それを人工芝ピッチでちゃんとしたボールなどが揃った環境と、最高の仲間とともに練習することができるんですよ。

 僕にとってこんなに楽しくて、最高な環境は他にないんです。だからこそ、常に全力で取り組むことでどんどん技術や考え方を吸収していきたいんです。僕にとって1分たりとも無駄にする時間はありませんし、何より毎日が楽しんです」
 

 中学時代までは自分でサッカーを観て、GKのプレーを参考にする程度だった。見様見真似でプレーしていた日々から、新潟明訓ではどんどんサッカーの知識が身につき、同時に技術も感覚も身についていく。

 他の選手から見れば初歩の初歩だったかもしれないが、彼にとっては全てが新鮮で、成長を実感できる充実した日々だった。そこに自分の序列なんて一切関係なかった。

「1つのセービングでも飛び方、手の出し方などをこうしたらもっと届くなど教えてもらった。ステップワークやコーチングの部分も、今まで考えたこともなかったので、最初の頃と比べるとどんどん成長している手応えがあるんです」

 そして冒頭で触れた通り、高3になっても4番手か5番手の位置づけであることに変わりはなかったが、自身の成長への意欲で溢れかえっていた。

 そんな中山に数奇な運命が巡ってきた。今年の始めに第3GKの菊地が負傷離脱すると、3月に第2GKの本間が膝の前十字靭帯損傷という大怪我を負って長期離脱。さらにプリンスリーグ北信越を1試合消化した後に、第1GKの石塚までもが右手を骨折して長期離脱を強いられたのだった。

 5人のGKの中で、1番手から3番手までが負傷離脱という異常事態で、スタメンに抜擢されたのが中山だった。5月3日のプリンス北信越のカターレ富山U-18戦が、彼にとってのトップデビュー戦となった。
 
 これまで序列が低かったGKがプリンス北信越に出る。ともすればチームにとって大きな不安要素となりかねなかったが、これまで努力を怠ってこなかった中山と、その真摯な姿勢を毎日見ていたチームメイトとスタッフたちは一切動じなかった。

「光貴は一般試験で入学してきて、その中でも一番最後に入部した生徒でした。多分、実力的には一番下からスタートだったのですが、朝練は一切さぼらないし、普段の練習でもコーチに直訴してシュートを打ってもらったりと、貪欲に取り組んでいた。だんだん練習中に驚くようなビッグセーブを見せるようになった彼だからこそ、信じてピッチに送り出すことができた」(坂本和也監督)

「試合前日に仲間からも『明日、頼むぞ』、『光貴ならシュートを止めるのが上手いから大丈夫』、『多少ミスしても気にするな』とチームメイトから連絡がきて、本当に頼もしかった。こんなチャンスはないと思ったし、自分の力を出し切ろうと思った。緊張は一切しませんでした」(中山)

 自分には頼もしい仲間と信用してくれる坂本監督とコーチ、コツコツと積み上げてきた新潟明訓での充実した日々がある。富山U-18戦は0−1で敗れたが、中山は得意のシュートストップと「仲間から学んだ」コーチングで奮闘し、DF陣も中山を全力でカバーすべく身体を張った。
 
 富山U-18戦以降、プリンス北信越の2試合で複数失点を喫してしまい、チームは開幕から4連敗となってしまったが、チームの雰囲気は暗くなるどころか、より一体感が増していったからこそ、インハイ予選の躍進へとつながっていった。

 その間、苦手だったハイボールの処理にも自信がついた。苦手意識が強すぎて、最初はクロスボールに対して飛び出すことができなかった。だが、プリンス北信越の3試合で仲間が必ず競り合って、中山の負担を軽減させた。

 その姿に「仲間に頼りっぱなしじゃダメだ」と奮起。インハイ予選4回戦の東京学館新潟戦では、積極果敢に前に飛び出してキャッチングやパンチングを見せた。

「やればできるんだと思った」と成功体験を積んだことで、中山は成長曲線をさらに上向きにさせた。ここで得た自信をより力にするべく、今はずっと朝練でハイボール処理に取り組んでいる。

 インハイ予選後のプリンス北信越でも中山はスタメン出場を続けている。インターハイに出場する石川の星稜との一戦では1−1で引き分け、今季初の勝点1を掴み取った。そして、今の中山の序列は2番手まで上がっている。

「石塚が戻ってきたら、1番手は奪われるかもしれませんが、それでよしとしないように毎日を大切にしています。今も決勝の失点は頭に焼き付いています。僕がもっと上手ければ防げていたかもしれない。だからこそ、それを防げるGKになりたいんです」

 冬の選手権に向けて負傷していた選手がこれから次々と復帰してくる。怪我によって立場を逆転されてしまった彼らにも意地はあるし、中山も負けたくない気持ちで毎日を全力で取り組むことで、より守護神争いは激化していくだろう。
 
 それはチームにとって大きなプラスのパワーとなるのは間違いない。春先までは無風に近かった守護神争いにおいて、嵐を起こしたのは中山だ。

「正直、運が良かったのは間違いありません。でも、僕が毎日の練習を絶対に手を抜かずにやり続けてきたからこそだとも思っています。だからこそ、試合に出ることに負い目は一切なかったし、仲間も自分が出ることになった経緯は関係なく、重要な仲間として一緒にプレーしてくれたと思います。

 サッカーを全く知らなかった僕にみんなが丁寧に、かつ真剣に教えてくれた。教えてくれるということは、その分、期待もされているということ。みんなの思いを絶対に自分が裏切ってはいけない。この日常に心から感謝しながら、これからも全力で取り組んでいきたいと思います」

 これからも中山は信頼関係をより深めた仲間とスタッフとともに成長していく。底辺から正真正銘の1番手になるべく。

取材・文●安藤隆人(サッカージャーナリスト)

【PHOTO】2022年の高校サッカー界を彩る注目選手を写真でチェック!〜東海・北信越編
 

関連記事(外部サイト)