「攻撃の全ポジションでプレー可能」「チーム編成で理想的」モナコ加入の南野拓実に仏紙が太鼓判!“共闘歴”にも脚光

「攻撃の全ポジションでプレー可能」「チーム編成で理想的」モナコ加入の南野拓実に仏紙が太鼓判!“共闘歴”にも脚光

リバプールからモナコへの移籍が決まった南野。(C)Getty Images



 現地時間6月28日、ベルギー人指揮官フィリップ・クレメントが率いるモナコは、リバプールから日本代表FW南野拓実を4年契約で獲得したことを正式に発表した。現地フランスの大手紙『L’EQUIPE』は「モナコの新戦力、タクミ・ミナミノについて知っておくべきこと」と題し、早速特集を組んでいる。

 南野はザルツブルクからリバプールに加入3年目を迎えた2021-22シーズン、定位置こそ掴めなかったものの、主戦場となった国内カップ戦で大活躍。最終的には公式戦10ゴールを挙げ、2冠達成に貢献した。また、ユルゲン・クロップ監督は、様々なポジションをこなせるそのユーティリティ性も高く評価していた。

『L’EQUIPE』は「攻撃のあらゆる局面で活躍できる。ボール奪取、パス、フィニッシュの能力も高く、フィリップ・クレメントは容易に戦術を変更できるだろう」と伝えている。

「特に攻撃的ポジションであれば全てでプレーできる。昨シーズンのリバプールでは出場試合数は少ないが、前線全体をカバーする時間があった。この27歳はサイド、10番、前線で10得点を挙げている。以前には守備的MFとしてプレーしたこともあった。チームを編成する上で、理想的な選手だ」
【動画】アンフィールドでの2年半をギュギュっと凝縮!リバプールが南野へ送った惜別投稿をチェック
 同紙は、6シーズン在籍したザルツブルクでの日々にも言及。今をときめくアーリング・ハーランドをはじめ、「有名な選手たちと共にプレーした」と、“共闘歴”に光を当てている。

「近年、ザルツブルクは新しい才能を発掘することで高い評価を得ている。ミナミノはオーストリアでの6シーズンで、アーリング・ハーランド、ナビ・ケイタ(リバプールでもチームメイト)、ダヨ・ウパメカノ、マルセル・ザビツァー、ドゥーエ・チャレタ=ツァルなど、欧州サッカー界のビッグネームとボールを共有してきた」

 モハメド・サラーやサディオ・マネら、超攻撃陣の中で揉まれ、オーストリア時代からスケールアップした日本代表の10番は、リーグ・アンの名門で主役級の活躍を見せられるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】2022年夏の移籍市場で新天地を求めた名手たちを一挙紹介!

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!

関連記事(外部サイト)