ルヴァンカップ決勝トーナメントの対戦カードが決定! 前回王者の名古屋は浦和、J1首位の横浜は広島と激突

ルヴァンカップ決勝トーナメントの対戦カードが決定! 前回王者の名古屋は浦和、J1首位の横浜は広島と激突

ルヴァンカップ決勝トーナメントの対戦カードが決定。前回王者の名古屋は準々決勝で浦和と対戦する。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)



 Jリーグは6月29日、ルヴァンカップの決勝トーナメントにあたるプライムステージの組み合わせ抽選会を行なった。

 同ステージから、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)に出場して、ここまでのステージが免除されていた川崎フロンターレ、浦和レッズ、横浜F・マリノス、ヴィッセル神戸が参加。グループステージ、プレーオフステージを勝ち抜いた名古屋グランパス、セレッソ大阪、サンフレッチェ広島、アビスパ福岡を合わせた計8チームがホーム&アウェー方式のトーナメント戦(決勝は1試合のみ)を行なう。

 前回王者の名古屋は浦和、J1で首位の横浜は広島と対戦。また、川崎対C大阪、福岡対神戸というカードになった。

 ルヴァンカップの準々決勝は第1戦が8月3日、第2戦は同10日に開催。準決勝は第1戦が9月21日、第2戦は同25日、決勝は10月22日に予定されている。

 ルヴァンカップ準々決勝の対戦カードは以下の通り。
 
準々決勝(8月3日、10日開催)
浦和×名古屋[A]
川崎×C大阪[B]
横浜×広島[C]
福岡×神戸[D]

準決勝(9月21日、25日開催)
[Aの勝者]×[Bの勝者]
[Cの勝者]×[Dの勝者]

決勝(10月22日開催)

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】ルヴァンカップ全大会のMVP受賞者を一挙振り返り!

関連記事(外部サイト)