「クボの獲得は危険、理解できない」久保建英の完全移籍を目論むソシエダに地元メディアが警鐘!「平凡な選手。後悔することになる」

「クボの獲得は危険、理解できない」久保建英の完全移籍を目論むソシエダに地元メディアが警鐘!「平凡な選手。後悔することになる」

ソシエダへの移籍が取り沙汰されている久保。(C)Mutsu FOTOGRAFIA



 レアル・マドリーが保有する久保建英にレアル・ソシエダからオファーが届いているのは、周知の通りだ。

 昨夏と2年前の夏にも久保の獲得に動いていたソシエダは、完全移籍での獲得に動いている。だが、まだこの21歳を手放したくないマドリーがレンタルでの譲渡を望み、交渉がまとまっていないというのが大方の見方だ。

 そんななか、ソシエダの地元メディア『El Diario Vasco』は「クボへの危険な賭け」と題した記事を掲載。「日本のクボに対するラ・レアル(ソシエダ)の関心に完全に当惑している」とし、こう続けている。

「数字は嘘をつかない。レアル・マドリーを離れ、いくつかのチームにレンタルされたクボは、パフォーマンスが低く、どのチームでも何も実現していない。(ソシエダSDの)ロベルト・オラベの日本人へのコミットメントは理解できない」

【画像】「わーオフの顔」「めっちゃ楽しそう」石垣島で休暇を満喫!釣りやスキューバダイビングを楽しむ久保建英

 記事は「欧州全体の移籍市場で(新たなターゲットを)追跡し続けるか、下部組織から引っ張ってきたほうが良い選択肢だ」と続け、クラブに警鐘を鳴らしている。

「ローンにさえ興味がない平凡な選手にクラブが長期契約を提供することは、ナンセンスだと強調したい。交渉をストップして、止めるという形で取締役会とコーチングスタッフの反省を求めたい。そうでなければ、後悔することになると我々は確信している」

 スペインでの3年間で結果を残していない久保を、なぜリスクのある完全移籍で獲得しようとしているのか。同メディアはその動きが理解できないようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】2022年夏の移籍市場で新天地を求めた名手たちを一挙紹介!

【PHOTO】「美人すぎる」「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち
 

関連記事(外部サイト)