「みんな来ると思っていた」マドリーMFモドリッチがエムバペのパリSG残留を斬る!「クラブより重要な選手はいない」

「みんな来ると思っていた」マドリーMFモドリッチがエムバペのパリSG残留を斬る!「クラブより重要な選手はいない」

最多記録を貢献する、マドリーの14度目のCL制覇に貢献したモドリッチ。(C)Getty Images



 レアル・マドリーに所属するルカ・モドリッチが、母国メディア『Sportske Novosti』のインタビューに応じ、充実の1年を振り返った。

 36歳のクロアチア代表MFは、節目の加入10年目を迎えた2021-22シーズン、卓越したテクニックとパスセンスで、マドリーを力強く牽引。ラ・リーガとチャンピオンズ・リーグ(CL)の2冠達成に大きく貢献した。

 代表でも中心選手として、カタール・ワールドカップ(W杯)進出に導いたほか、先月のネーションズ・リーグでは自身の決勝点で、前回のW杯ファイナルで敗れたフランスに見事リベンジを果たした。

 衰え知らずのベテランは、「19年のプロキャリアの中でベストシーズンになったか?」との問いに、こう答えている。

「判断が難しいね。ありがたいことに以前にも優れたシーズンがあったからね。例えば(CL3連覇を達成した)2017-18シーズンだ。だけど(昨シーズンの)ラ・リーガでの支配も、チャンピオンズ・リーグでの印象的な逆転劇も、素晴らしい感動も、最高の1つだ。代表でカタール予選を突破し、ネーションズ・リーグでついにフランスを破ったことを考えれば、並外れたシーズンとしては理想的だったと言えるね」
【動画】額に入れて飾りたい!モドリッチが昨季のCLチェルシー戦で魅せた芸術アシスト
 さらなる飛躍を目ざす新シーズンに向けて今夏、マドリーにはキリアン・エムバペの加入が確実と思われた。しかし23歳のスーパースターは、急転直下でパリ・サンジェルマン残留を決断し、再び敵として、ビッグイヤー獲得の前に立ちはだかることとなった。

 モドリッチは若きフランス代表のエースの選択について、「自分が決めたことだ。それは彼の権利であり、今はその決断を背負って生きている」と切り出すと、こんな鋭い指摘もしている。

「僕らはみんな、彼が自分たちのところに来ると思っていたよ。だけどそうならなかった。まあ、彼を非難するつもりはないけど……。エムバペは偉大な選手だが、いつも繰り返すように、どんな状況でも、クラブより重要な選手はいない。レアルはどの選手よりも偉大であり、これからもずっとそうだろう」

 ロシアW杯での快進撃の立役者となり、バロンドールを受賞してから4年。円熟味と経験値は増し、今もなお成長を続けているクロアチアの英雄は、自身4度目のW杯も控える新シーズンで、新たな伝説を残せるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】「美人すぎる」「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!

関連記事(外部サイト)