「ロナウドがバイエルンに行くなんてセクシーだ!」レジェンドOBが古巣行きをプッシュ! “非常識”な攻撃陣誕生に期待

「ロナウドがバイエルンに行くなんてセクシーだ!」レジェンドOBが古巣行きをプッシュ! “非常識”な攻撃陣誕生に期待

C・ロナウド(左)のバイエルン加入に期待を込めるマテウス氏(右)。(C)Getty Images



 元ドイツ代表MFローター・マテウス氏が、クリスチアーノ・ロナウドに自身の古巣バイエルン・ミュンヘンへの加入を呼びかけた。

 昨夏にマンチェスター・ユナイテッドへ電撃復帰を果たした37歳のポルトガル代表FWは、個人ではリーグ3位の18ゴールを挙げ、さすがの得点力を見せつけるもチームは低迷。まさかの6位に終わり、チャンピオンズ・リーグの出場権を逃した。

 C・ロナウドは「もっと野心を叶えたいので、今夏にチームを去りたい」と要求したと報じられ、世界中で去就に関する話題で持ち切りとなるなか、マテウス氏は母国メディア『Sky Germany』でのコラムで独自の見解を展開。

 ロベルト・レバンドフスキは移籍を希望するも、バイエルン側は「代役が見つからない限りは手放さない」と強硬な態度を見せている一件を踏まえ、こう伝えている。

「ロベルトが残るか、最高額で売却して本当に良い後釜を手に入れるか、どちらかが良い解決策になると思う。でも実はこれ、ロナウドが後釜になるのでは? もちろん将来を見据えての移籍ではないだろうし、システムにフィットするかも分からない。しかし、彼は今でも傑出したゴールスコアラーだ。史上最高のストライカーの1人であり、30ゴール前後は間違いなく決めるだろう。シャツ販売などによる金銭回収も保証される」
【PHOTO】2022年夏の移籍市場で新天地を求めた名手たちを一挙紹介!
「ロナウドがバイエルンに行くなんてセクシーだ!」と訴える61歳のレジェンドは、「もしバイエルンが、ロナウドにまだ1、2年はチームを助けられる身体能力があり、レバンドフスキに生じた移籍金を多かれ少なかれポルトガルの大スターに投資できるというのなら、私は獲得を考えるだろうね」とも語り、超強力攻撃陣誕生に期待を込めている。

「(サディオ・)マネ、(トーマス・)ミュラー、ロナウド、(キングスレー・)コマンで非常識な量のゴールを決められる。彼らのライバルは(セルジュ・)ニャブリと(レロイ・)ザネだろう。競争とパフォーマンスのプレッシャーは極めて高くなり、誰も休んでいられなくなる。ニャブリはクラブを去るかもしれないし、そうなれば金銭的に全てが合理的になるね」

 各国のメガクラブを渡り歩いてきたC・ロナウドだが、ブンデスリーガは欧州4大リーグの中で唯一未踏の地だ。プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリエAでは、いずれもリーグ制覇と得点王の偉業を達成しているだけに、“完全制覇”へのモチベーションは少なからずあるかもしれない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】休暇中の事故で大破したC・ロナウドの愛車ブガッティ

【PHOTO】世界有数のスーパーカーがずらり! C・ロナウドの「愛車コレクション」を一挙公開!

【PHOTO】絶世の美女がずらり! C・ロナウドの“元恋人&パートナー”たちを年代順に一挙公開!

関連記事(外部サイト)