首位横浜から7人、4位広島から6人も…2位鹿島からは日本代表の選出ゼロ。森保監督が明かしたそのワケとは?

首位横浜から7人、4位広島から6人も…2位鹿島からは日本代表の選出ゼロ。森保監督が明かしたそのワケとは?

森保監督が今回の選考理由を明かした。(C)Getty Images



 日本サッカー協会は7月13日、E-1選手権に臨む日本代表メンバー26人を発表した。
 
 今大会はインターナショナルマッチデーの期間外に実施されるため、国内組のみでのメンバー編成となり、J1の首位を走る横浜F・マリノスからは、水沼宏太、宮市亮、西村拓真、藤田譲瑠チマら最多の7人が選出された。森保一監督はメンバー発表会見で、その理由についてこう語った。
 
「シンプルに今、Jリーグでトップを走っているチームだということ。内容的にも強度とインテンシティの高い戦いをしている。また、チームとしての戦術的な戦いをしながらも、個のクオリティを発揮するという部分。試合を視察するなかでメンバーを決めた。個人的にもチームとしても結果を出していることは、まず評価しなければいけないところ」
【PHOTO】7月19日から始まるEー1サッカー選手権に挑む日本代表招集メンバーを一挙紹介!
 3位の川崎フロンターレから3人、4位のサンフレッチェ広島から6人が名を連ねた一方で、横浜とは勝点5差で2位の鹿島アントラーズからは1人も選ばれなかった。

 指揮官はその理由を問われると、先日には、鹿島のエースであり、継続して日本代表入りも果たしている上田綺世がベルギー1部のサークル・ブルージュへの移籍を発表したなかで、タイミングの問題だと説明している。

「鹿島も非常にインテンシティの高い、攻守ともにアグレッシブな良いサッカーをしていると思っている。鹿島の選手たちも候補として見ている段階では、数名の選手をリストアップしながら、試合を見てきた。だけど実際この選考のタイミングで、移籍等々の理由があり、選べなかったというところはある」
 

 初招集が10人と、フレッシュな面々が顔を揃える森保ジャパンは、19日に香港代表(カシマスタジアム)、24日に中国代表(豊田スタジアム)、27日に韓国代表(豊田スタジアム)と対戦する。アピールに成功し、カタール・ワールドカップのメンバー入りをぐっと近づける選手は現われるか。

 注目のE-1選手権に臨む日本代表メンバーは以下の通りだ。
GK
大迫敬介(サンフレッチェ広島)
谷晃生(湘南ベルマーレ)
鈴木彩艶(浦和レッズ)

DF
佐々木翔(サンフレッチェ広島)
谷口彰悟(川崎フロンターレ)
山根視来(川崎フロンターレ)
畠中槙之輔(横浜F・マリノス)
小池龍太(横浜F・マリノス)
中谷進之介(名古屋グランパス)
荒木隼人(サンフレッチェ広島)
大南拓磨(柏レイソル)
杉岡大暉(湘南ベルマーレ)

MF/FW
水沼 宏太(横浜F・マリノス)
武藤嘉紀(ヴィッセル神戸)
宮市亮(横浜F・マリノス)
橋本拳人(ヴィッセル神戸)
野津田岳人(サンフレッチェ広島)
脇坂泰斗(川崎フロンターレ)
西村拓真(横浜F・マリノス)
相馬勇紀(名古屋グランパス)
岩田智輝(横浜F・マリノス)
森島司(サンフレッチェ広島)
満田誠(サンフレッチェ広島)
町野修斗(湘南ベルマーレ)
細谷真大(柏レイソル)
藤田譲瑠チマ(横浜F・マリノス)

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】日本代表の歴代ユニホームを厳選写真で振り返り!(1992-2022)

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!

【PHOTO】編集部が厳選! ゲームを彩るJクラブ”美女チアリーダー”を一挙紹介!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?