「ハンバーガーを卒業した!」マドリーに合流したアザールの姿に英西紙が驚嘆「過去を覆す姿で練習場に現われた」

「ハンバーガーを卒業した!」マドリーに合流したアザールの姿に英西紙が驚嘆「過去を覆す姿で練習場に現われた」

ひとまず「期待を裏切ることはない」という約束を守る姿勢を見せたアザール。(C)Getty Images



 レアル・マドリーに所属するベルギー代表FWエデン・アザールの姿に、スペイン紙や英紙が驚嘆している。

 アザールは2019年夏、チェルシーから約156億円の移籍金で、念願のマドリー入りを叶えた。しかし、過去3シーズンはオフ中に”体重超過”が指摘されるほどのコンディション不良が続いている。さらに負傷も重なり、これまでに十分な時間でプレーできておらず、ピッチ外の注目度も高かった。

 しかし、21-22シーズンにマドリーがチャンピオンズ・リーグを制し、優勝のセレモニー会場となったシベレス広場でファンの前に立ったアザールは、「これまでは期待を裏切ってきた。でも、来シーズンこそ君たちの期待を裏切ることはない。マドリーにすべてを捧げる」と宣言。同僚やマドリディスタから喝采を浴びていた。
【画像】顔もスッキリ!? マドリーに合流したアザールの最新フォトをチェック(写真6枚目)
 そして、彼はその約束を守ったようだ。スペイン紙『MARCA』は14日にチームに合流したアタッカーの姿を伝え、「過去を覆す姿で練習場に現われた」と驚嘆。『AS』も「これでマドリーにおける待望の“アザールタイム”が来るかも?」と報じた。また、英紙『Daily Mail』は「アザールがハンバーガーを卒業した! マドリーは完璧な状態でカムバックしたアザールを歓迎している」と伝えている。

「3度のオフシーズンで調子に乗りすぎた31歳の男が、約束通り、完璧な状態で夏休みから戻ってきた。チェルシーの元同僚にハンバーガーとピザ、コーラが大好きだと暴露されたアタッカーは、ついにマドリディスタの期待に応え、完璧な状態で戻ってきた。オフに5キロ以上増やして戻ってくるのが恒例だったが、その前例を覆したのだ。カルロ・アンチェロッティ監督とクラブは感銘を覚えているようで、新シーズンにおける活躍へ、大きく前進したと言えるだろう」

 真価を発揮し、スペインで躍動するアザールが見られるのか。4年目の覚悟に、メディアやファンの期待は高まり続けている。 

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】AS紙が取り上げた“ぽっちゃり”アザールと“ムキムキ”ヴィニシウスの比較写真はこちら

【21‐22 CL決勝PHOTO】ヴィニシウスが決勝弾!マドリーが最多14度目の欧州制覇!

【PHOTO】2022年夏の移籍市場で新天地を求めた名手たちを一挙紹介!
 

関連記事(外部サイト)