「鹿島に勝てば優勝も見える」天皇杯ベスト8の対戦カードが決定!「広島は一番当たりたくなかった」などファン注目

「鹿島に勝てば優勝も見える」天皇杯ベスト8の対戦カードが決定!「広島は一番当たりたくなかった」などファン注目

天皇杯の準々決勝の対戦カードが決定。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)



 日本サッカー協会は7月15日、天皇杯の準々決勝以降の組み合わせ抽選会が行なわれ、対戦カードが決まったことを発表した。

 J1勢対決となったのは、神戸対鹿島、C大阪対広島。福岡はJ2の甲府と相まみえ、京都は、延期されている東京V対磐田の勝者と対戦する。

 この結果にSNS上では「鹿島に勝てば優勝も見える」「2020年の元日決戦以来か」「甲府か…手強いにも程がある」「どっちも応援したいところだが福岡を応援する!」「タイシとの対戦楽しみです」「広島は一番当たりたくなかったよ」「ジュビロがいいなあ」「内心ヴェルディが来てほしい」といった声が上がった。
 
 準々決勝は9月7日に開催。キックオフは未定。対戦カードと会場は以下のとおり。

福岡対甲府/ベススタ
神戸対鹿島/ノエビア
京都対東京V or磐田/サンガS or 味スタ
C大阪対広島/ヨドコウ

 なお準決勝は10月5日、決勝は10月16日に行なわれる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】サポーターが創り出す圧巻の光景で選手を後押し!Jリーグコレオグラフィー特集!
 

関連記事(外部サイト)