三笘を彷彿とさせるドリブラーや高校年代を代表するゲームメーカーらに注目! インターハイ“注目株”を一挙紹介!〜MF編

三笘を彷彿とさせるドリブラーや高校年代を代表するゲームメーカーらに注目! インターハイ“注目株”を一挙紹介!〜MF編

左から福田(米子北)、大迫(神村学園)、徳永(前橋育英)、阪田(東山)。インターハイで注目のタレントを紹介する。(C)SOCCER DIGEST



 徳島県で行なわれる2022年度のインターハイ(全国高校総体)男子サッカー競技が7月24日に開幕する。30日の決勝戦まで52の代表校が夏の日本一を懸けてしのぎを削る。
 
 ここでは高校サッカーダイジェスト編集部が厳選した大会のブレイク候補を紹介。世代別代表やすでにプロ内定を決めている逸材、強豪校を牽引する必見プレーヤーなど、注目すべきダイヤの原石たちを取り上げる。第2回目となる今回はMF編だ。

インターハイ“注目株”を一挙紹介!〜FW編

【PHOTO】インターハイを盛り上げる注目FWを写真でチェック!

【PHOTO】インターハイを盛り上げる注目MFを写真でチェック!
 
【高校サッカーダイジェスト厳選/インターハイ注目タレント】
Part.2 MF編

FILE16
渡辺健斗
わたなべ・けんと
旭川実(北海道)/3年
1メートル80センチの長身と推進力、さらには柔らかさも併せ持つレフティ。今予選準決勝でスーパーゴールを決めるなど、その左足は相手DFにとってまさに脅威だ。好調を維持するエースが過去最高となる8強超えへと導く。

FILE17
荒井悠汰
あらい・ゆうた
昌平(埼玉)/3年/FC東京内定、U-19日本代表
敵マーカーをねじ伏せる当たりの強さと圧倒的な技巧を兼備するレフティ。オフザボールの動きが向上し、ドリブル突破と左足から放つパス&シュートがより脅威に。FC東京の先輩MF松木玖生に続く主役となるか。

FILE18
徳永 涼
とくなが・りょう
前橋育英(群馬)/3年/U-18日本代表
2年時から伝統の14番を背負うボランチがタイガー軍団の心臓だ。読みと技術、バランス能力に長け、総合値が高い。その存在はチームのみならず年代別代表の中盤をも引き締める。3冠への第一関門で優勝に導けるか。

FILE19
名願斗哉
みょうがん・とうや
履正社(大阪)/3年
日本代表MF三笘薫を彷彿とさせるドリブルは必見で、まさに緩急自在。しなやかな身のこなしでわずかなスペースに身体を潜り込ませ、一気に攻略してゴールを陥落する。キック精度も際立つ、今夏のブレイク候補だ。

FILE20
江川 楓
えがわ・かえで
瀬戸内(広島)/3年
中国地方屈指の好タレント。持ち前のボールスキルと判断力が冴えを見せ、ピッチ上で違いを生み出す。ボランチとして攻撃のリズムを作りつつ、チャンスと見るや前へ。鋭いラストパスや豪快なショットで得点に絡む。


 

FILE21
小棚木蒼大
こたなぎ・そうた
山梨学院(山梨)/3年
シャドーの位置でボールに絡み、アイデア溢れるパスやパンチのある一撃でゴールをもたらす。今予選決勝では約40メートル級の左足ロングシュートで先制点。泥臭い動きで2点目を決めるなど、チームのために闘う姿勢を貫く。

FILE22
田邉海斗
たなべ・かいと
矢板中央(栃木)/3年
中体連出身の屈強ボランチが、堅守・矢板中央の柱として「潰し屋」の役割を担う。中盤中央でインターセプトやセカンドの回収を連発し、ボールを持てば力強く前へと運ぶ。「まだまだ」と、貪欲に自己の成長を求める。
 
FILE23
谷野暁希
やの・あつき
磐田東(静岡)/3年
今予選決勝の開始わずか38秒に高速カウンターから先制点を奪取。静岡王者のエースは50メートルを5秒9で走破するスピードスターだ。サイドからの仕掛けと裏への抜け出しはともに圧巻で、全国の強敵相手にも臆せず挑む。

FILE24
田原瑠衣
たばる・るい
大津(熊本)/3年
左利きの異質なドリブラー。ボールスキルの高さは、今大会出場選手のなかでも最上位クラスだ。多彩なフェイントで狭い局面を攻略すると、左足で決定的な仕事を完遂する。常に得点に絡むところを「全国に見せたい」。

FILE25
阪田澪哉
さかた・れいや
東山(京都)/3年/C大阪内定、U-18日本代表
前回大会は準々決勝で青森山田に敗北し、圧倒的な差を痛感。「常に1対1で相手を剥がす」ことを念頭にトライを続け、爆発的な突破力を会得するに至った。高速ドリブルが目を引くが、ゴール前での抜け目なさも魅力だ。
 

FILE26
福田秀人
ふくた・ひでと
米子北(鳥取)/3年
豊富な運動量に駆け引きの巧さ、個での打開力も光るアタッカーで、敵の隙を逃さずゴールを陥れる。前回大会決勝は青森山田から先制点に繋がるPKを獲得しながらも負傷交代で、チームも敗北。その悔しさを今夏に晴らす。

FILE27
林 結人
はやし・ゆいと
鹿島学園(茨城)/3年
プレースタイルは異なるものの、放つ空気感は先輩FWの上田綺世(鹿島)に近い。非凡なテクニックと天性のスピードで局面を打開。スーパーゴールや絶妙アシストで勝負を決定づける。全国にその名を轟かせる大会に。
 
FILE28
?兼伶真
よしかね・りょうま
帝京大可児(岐阜)/2年
2年生にしてMF杉本太郎(福岡)やMF鈴木淳之介(湘南)も付けたエースナンバー「8」を背負う。サッカーセンスに恵まれるボランチは秀逸な位置取りでセカンドボールを引き寄せ、攻撃面でも確かな貢献を果たす。

FILE29
廣井蘭人
ひろい・らんど
帝京長岡(新潟)/3年/U-17日本代表
今春、「技術云々じゃないところを学ぶために」オランダへ短期留学。同地で学んだゴールへの姿勢と勝利への執着心を存分に発揮している。ゴール前で披露する技巧と創造性はまさに特筆モノ。今夏は結果にこだわる。

FILE30
大迫 塁
おおさこ・るい
神村学園(鹿児島)/3年/C大阪内定
高校年代を代表するゲームメーカー。2手、3手と先を読んでボールを動かし、絶品の左足から繰り出すスルーパス&シュートで試合を決める。巧くて闘う選手へと進化したレフティが今夏、神村の歴史を塗り替える。

構成●高校サッカーダイジェスト編集部

インターハイ“注目株”を一挙紹介!〜FW編

【PHOTO】インターハイを盛り上げる注目FWを写真でチェック!

【PHOTO】インターハイを盛り上げる注目MFを写真でチェック!
 

関連記事(外部サイト)