国内組中心でE-1制覇に挑む、なでしこジャパン。好機到来のWEリーガーたちは期待に応えられるか

国内組中心でE-1制覇に挑む、なでしこジャパン。好機到来のWEリーガーたちは期待に応えられるか

ベレーザの清水など、今大会は国内組中心のチーム編成に。池田監督は来年のW杯を見据え「チーム力を上げたい」と語る。写真:塚本凛平(サッカーダイジェスト写真部)



 なでしこジャパンが、7月19日から始まるE-1選手権に臨む。池田太監督は、初戦前日に行なわれた公式記者会見の席で「このタイトルを目ざし、また選手の成長を期待しながら、来年の女子ワールドカップへ向けてチーム力を上げていきたいと思います」と大会への抱負を語った。

 現体制に切り替わってから時間がなかったこともあり、今年の1月から2月にかけてインドで行なわれた女子アジアカップでは、ベスト4敗退となったが、悔しい経験を経てチームの意識は上がった。

 先月に行なわれた欧州遠征では、チーム結成当初に掲げていた、高い位置でのボール奪取から、ペースを握り、決定機を量産した。その結果、セルビア(5−0)、フィンランド(5−1)から5点ずつを奪っている。

 今大会は、インターナショナルウィンドウの対象外ということもあり、海外組は林穂之香(AIKフットボール/SWE)、宝田沙織(リンシェーピングFC/SWE)のスウェーデン組ら一部だけで、国内組が中心の編成になっている。

 マイナビ仙台レディースからアメリカのノースカロライナ・カレッジへの移籍が発表され、再び海外組の一員となった長野風花には、前回の欧州遠征から10番が与えられている。Aマッチで5試合連続得点中の植木理子(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)ら、若くして主軸を務める選手には、その座にふさわしい証を見せてもらいたい。
 
 キャプテンの熊谷紗希(FCバイエルン・ミュンヘン/GER)と南萌華(三菱重工浦和レッズレディース⇒移籍先未発表)のCBコンビが不在。高橋はな(三菱重工浦和レッズレディース)や乗松瑠華(大宮アルディージャVENTUS)らDF陣には、好機が到来した。

 攻撃的ポジションでは、東京五輪前から主力を務める長谷川唯(ウェストハム・ユナイテッド/ENG)、杉田妃和(ポートランド・ソーンズFC/USA)、フィンランド戦でゴールを挙げた遠藤純(エンジェル・シティFC/USA)らが未招集だ。

 激戦区で順番待ちをしていた面々には、千載一遇のチャンスだ。代表デビュー戦となったセルビア戦で初ゴールを決めた千葉玲海菜(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)に続こうと、新たな顔ぶれが加わってきた。
 

 代表に定着したかに見える宮澤ひなた(マイナビ仙台レディース)は「プレー次第で次に呼んでもらえるかどうか。定着はしていきたいけれど、ライバル、仲間が増えて、一層、気を引き締めていかなければいけない。一緒に戦う仲間として良い刺激をもらって、お互いに良いところを引き出しあって、チームとして一つになれたら」と、現況を分析する。

 WEリーグ初代得点女王の菅澤優衣香(三菱重工浦和レッズレディース)は、欧州遠征ではノーゴールで危機感を強めている。「クロスへの対応は、アジアでも遜色なく戦える部分だし、意識したい。ポストプレーが自分の強みで、チーム全体を前でプレーできるようにしたい。高い位置でボールを奪い返してカウンターというのは効果的になると思うのでそこも」と巻き返しを誓う。

 菅澤と得点女王の座を競った田中美南(INAC神戸レオネッサ)の名前はないが、得点ランキング3位の上野真実(サンフレッチェ広島レジーナ)は、所属チームでプレーの幅を広げて、代表に返り咲いた。広島Rのチームメイトで初招集の中嶋淑乃とのセット選出で、躍進も期待される。さらにWEリーグ初のハットトリック達成者・井上綾香(大宮アルディージャVENTUS)など、昨季の活躍を評価された選手が多い。こうしたWEリーガーが、リーグの価値をどこまで引き上げられるかにも注目だ。
 
 大事な大会初戦は、女子アジアカップのグループリーグで引き分けた韓国が相手になる。韓国は同大会でオーストラリアに勝つなどして準優勝。その後は、ベトナムに完勝(3−0)、カナダとスコアレスドローという戦績で、今回のE-1を迎える。試合前日の練習では、エースのチ・ソヨンらも元気な姿を見せていた。

「今、取り組んでいる、前からしっかりとボールを奪い取りに行くところや、ボールの動かし方については、どのチームが相手でも差を見せたい。韓国はロングボールを主体に、前から力強いサッカーをしてくる。日韓戦は特別な戦いであると思うので、まずは気持ちで負けないという部分はしっかりやっていきたい」(高橋)

 池田体制下で国際大会における初優勝へ向けて、最高の滑り出しを期待したい。

取材・文●西森彰(フリーライター)

【PHOTO】清水梨紗、塩越柚歩、仲田歩夢!試合に華を添える注目の“WEリーガー”を厳選!

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!
 

関連記事(外部サイト)