収穫多数!“豊作のE-1”になでしこ池田監督が手応え「色んな選手が躍動してくれた」「喜びをしっかりと伝えてあげたい」

収穫多数!“豊作のE-1”になでしこ池田監督が手応え「色んな選手が躍動してくれた」「喜びをしっかりと伝えてあげたい」

E-1制覇に手応えを示した池田監督。写真:早草紀子



 なでしこジャパンは7月26日、E-1選手権の第3戦で中国女子代表とカシマスタジアムで対戦。チャンスを作りながらも1点が遠く、スコアレスドローで終わったが、2勝1分の勝点7で全試合を終え、2大会連続4度目のE-1制覇が決まった。

 今年の初めに行なわれたアジアカップの準決勝(2−2、PK3−4)では、接戦の末に惜しくも敗れた中国にリベンジとはならなかった。しかし、確実に勝点1を積み上げ、チーム一丸で掴み取った現体制初タイトルだ。
 
 昨年10月から指揮を執る池田太監督は、試合後のインタビューで、「選手たちが本当に1試合1試合、成長してくれましたし、色んな選手がピッチの中で躍動してくれたので、本当に成果ある大会でした」「今日こういう大会というところでしっかり表彰台に上れる喜びをしっかりと伝えてあげたいと思います」と、充実感を滲ませた。

 来夏にはワールドカップが控える。3大会ぶりの優勝に向け、「もちろん、もっともっと成長していきたい」と語った池田監督だが、主軸不在で、一部を除き国内組で臨んだ今大会での成長ぶりには、小さくない手応えを感じているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【日本代表PHOTO】SAMURAI BLUE&なでしこジャパンが合同で集合写真を撮影!両代表の貴重な交流風景を特集

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!

関連記事(外部サイト)