「日本のほうがはるかに優れている」中国の大物コメンテーターが“日中決戦”で指摘した両国の差とは?「認めなければならない」

「日本のほうがはるかに優れている」中国の大物コメンテーターが“日中決戦”で指摘した両国の差とは?「認めなければならない」

優勝を懸けた日中決戦はスコアレスドローに終わった。写真:早草紀子



 日本女子代表は7月26日、E-1選手権の最終戦で中国女子代表と対戦。スコアレスドローに終わったものの、2勝1分けで大会連覇と4度目の優勝を果たした。

 今冬の女子アジアカップを制した中国は、勝てば戴冠を果たせる状況だったが、主導権を握っていたのはなでしこジャパンだった。

 中国の著名なコメンテーター、ハン・チャオシェン氏も自身のWeibo(中国版ツイッター)で、前半終了後に、次のように投稿している。

「日本のパスとボールコントロールの能力は、中国よりもはるかに優れていることを認めなければならない。しかし、戦術が適切で、守備がうまく組織され、限られた攻撃の機会を効率的に活かし、前線でのボールポゼッションが改善されれば、中国はまだ戦うことができる。今日は、(PK戦の末に中国が日本を下した)年初のアジアカップ準決勝よりも良い」

【E-1選手権PHOTO】日本女子0ー0中国女子|スコアレスドローに終わるも…なでしこジャパンが4度目のE-1連覇!
 また試合終了後には、1勝2分けで優勝を逃した自国代表を「通常のレベルでプレーした」と評価。「希望を持ちながら、(日本との)差を考える」と綴った。

 ハン・チャオシェン氏は今回の日中戦に関しては、中国の出来は悪くなかったが、日本が上回ったと考えているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【日本代表PHOTO】SAMURAI BLUE&なでしこジャパンが合同で集合写真を撮影!両代表の貴重な交流風景を特集

【PHOTO】なでしこJが誇る美女サイドバック、清水梨紗のキュートな厳選ショットを一挙公開!

関連記事(外部サイト)