【韓国戦速報】町野の開始1分ミドル、相馬のポスト直撃弾など好機を作った森保Jだが、前半を0−0で折り返す

【韓国戦速報】町野の開始1分ミドル、相馬のポスト直撃弾など好機を作った森保Jだが、前半を0−0で折り返す

E-1のタイトルをかけて日本は韓国と対戦。前半はスコアレスで折り返す。写真:塚本凜平(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)



 日本代表は7月27日、E-1選手権の最終戦で韓国代表と対戦。試合は豊田スタジアムで19時20分にキックオフされた。

 日本のスタメンは、GKは谷晃生、4バックは小池龍太、谷口彰悟、畠中槙之輔、佐々木翔、ダブルボランチは岩田智輝、藤田譲瑠チマ、2列目は水沼宏太、西村拓真、相馬勇紀、CFは町野修斗というラインナップに。横浜勢が6人先発し、キャプテンは谷口が務める。

 ここまでの2試合で日本は1勝1分、韓国は2連勝。4大会ぶりの覇権奪還のために勝利が求められる日本は、開始1分にさっそく決定機を迎える。ペナルティエリアからやや遠い位置でボールを収めた町野が、思い切りの良いミドルで相手GKを慌てさせる。

 立ち上がりから日本は攻守の両局面で強度の高いプレーを見せ、アグレッシブな姿勢でタフに戦う。ポゼッションで優位に立ち、両サイドを起点に攻撃の糸口を探っていく。

 相手にボールを持たれるシチュエーションでは、不用意にスペースを与えないようにコンパクトな陣形を組み、鋭い出足でボール奪取を狙う。
 
 19分には、敵陣で奪った相馬がそのままドリブルして左足シュート。これは惜しくもポストに嫌われて得点はならず。

 自分たちのリズムで押し気味に試合を進めていく一方で、韓国の粘り強い守備を崩しきれない。ペナルティエリア内にボールを運ぶことはできても、そこから先のフィニッシュになかなか持ち込めない。

 34分、セットプレーの流れから水沼が右足で狙ったが、シュートはGKの正面。攻めあぐねる展開のまま、日本は前半を0−0で折り返した。

構成●サッカーダイジェストWeb変種部

【PHOTO】運命の日韓戦!選手を後押しする日本代表サポーターを特集!

【日本代表PHOTO】SAMURAI BLUE&なでしこジャパンが合同で集合写真を撮影!両代表の貴重な交流風景を特集

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!
 

関連記事(外部サイト)