森保J、日韓戦で3発圧勝しE-1制覇! 相馬&佐々木のヘッド弾に町野も決めた! 史上初の男女アベックV達成

森保J、日韓戦で3発圧勝しE-1制覇! 相馬&佐々木のヘッド弾に町野も決めた! 史上初の男女アベックV達成

森保J 韓に3発完勝E-1制覇

森保J、日韓戦で3発圧勝しE-1制覇! 相馬&佐々木のヘッド弾に町野も決めた! 史上初の男女アベックV達成

日本が韓国に勝利し、E-1優勝。相馬(写真)、佐々木、町野がゴールを挙げた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)



 日本代表は7月27日、E-1選手権の最終戦で韓国代表と対戦し、3−0で完勝を収めた。

 日本のスタメンは、GKは谷晃生、4バックは小池龍太、谷口彰悟、畠中槙之輔、佐々木翔、ダブルボランチは岩田智輝、藤田譲瑠チマ、2列目は水沼宏太、西村拓真、相馬勇紀、CFは町野修斗というラインナップに。横浜勢が6人先発し、キャプテンは谷口が務める。

 ここまでの2試合で日本は1勝1分、韓国は2連勝。4大会ぶりの覇権奪還のために勝利が求められる日本は、開始1分の町野のミドルでさっそく決定機を掴む。前半は押し気味に試合を進め、19分には相馬のポスト直撃弾などチャンスを作るが、均衡を崩すまでには至らず、0−0で前半を折り返す。

 迎えた後半、1分も経たないうちに中央の崩しから西村が強烈なシュートを放つが、敵GKのファインセーブに阻まれる。

 好機を逃した日本だが、49分、ついにスコアボードを動かす。藤田のふわりと浮かせたクロスに、ファーサイドで反応した相馬がヘディングシュートを突き刺す。

 先手を取った日本がさらに攻勢をかける。52分、左サイドを突破した相馬が鋭いクロス。町野が飛び込むも、惜しくも合わせることができない。その2分後には、水沼のクロスに相馬がGKとの接触を恐れず、果敢に飛び込む。56分には西村のお膳立てから岩田が狙うが、シュートはわずかにポストの脇にそれる。
 
 その後も果敢に攻め立てた日本は63分、2点目を挙げる。相馬の左CKに佐々木が打点の高いヘッドで叩き込む。

 日本は止まらない。72分、藤田→西村→小池とつなぎ、最後は町野が押し込んで、チーム3点目をゲット。

 前半はやや攻めあぐねたが、後半は攻撃陣が爆発。途中出場の宮市亮が右膝を痛めて途中交代となり、状態が懸念されるが、試合は日本が3点のリードを守り切り、タイムアップ。

 日本は2013年大会以来の優勝。昨日には、なでしこジャパンが2大会連続4度目の優勝を飾っており、E-1で史上初の男女アベックVとなった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】運命の日韓戦!選手を後押しする日本代表サポーターを特集!

【日本代表PHOTO】SAMURAI BLUE&なでしこジャパンが合同で集合写真を撮影!両代表の貴重な交流風景を特集

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!
 

関連記事(外部サイト)