「0−3は“デフォルト”」「優劣完全に逆転」韓日戦惨敗に韓国メディアは辛辣。指揮官の戦術的敗着も糾弾

「0−3は“デフォルト”」「優劣完全に逆転」韓日戦惨敗に韓国メディアは辛辣。指揮官の戦術的敗着も糾弾

E-1最終戦で日本に0−3で敗れた韓国。母国メディアは厳しい論調だ。写真:塚本凜平(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)



[E-1選手権]日本3−0韓国/7月27日/豊田スタジアム

 E-1選手権の最終戦で日本代表に0−3と敗れた韓国代表。日産スタジアムで3失点大敗を喫した昨年3月の「横浜惨事」に続き、今度は豊田スタジアムで起きた「豊田惨事」に、韓国メディアは厳しい論調を並べている。

「2試合連続0−3大敗、優劣完全に逆転した“危機の”韓日戦」(サッカー専門メディア『Best Eleven』)」
「またもや3失点…1年4か月が経っても“惨事”の連続」(ネットメディア『エックススポーツ・ニュース』)
「代表のベテランもあたふた…集中力と自信でも惨敗した」(サッカー専門メディア『FOOTBALLIST』)
「“0−3敗敗敗敗”サッカー韓日戦暗黒期到来か」(通信社『NEWSIS』)

 特に目立ったのは、CBが本職のDFクォン・ギョンウォンを守備的MFで起用したパウロ・ベント監督の采配に対する指摘だ。昨年3月の日韓戦でも、MFイ・ガンインをゼロトップで起用した戦術がまったく通じなかったベント監督だが、今回も無理に実験を敢行した結果、自らの首を絞めることになった。
 
 これには「失敗に終わった“クォン・ギョンウォン実験”」(総合メディア『イーデイリー』)、「“守備的MFクォン・ギョンウォン”、ベントの選択は失敗だった」(スポーツメディア『SPOTV NEWS』)といった見出しが飛んだほか、ニュースメディア『デイリーアン』は「守備的MFを本職とするペク・スンホとキム・ドンヒョンがいるにもかかわらず、“クォン・ギョンウォン・シフト”を稼働したベント監督の戦術的敗着は、再び韓日戦の惨事を招いた」と糾弾していた。

 さらに、「また衝撃!1か月ぶりにやって来た韓日戦惨事、0−3は“デフォルト”になった」と題したスポーツ紙『スポーツ朝鮮』は、「A代表が韓日戦を2試合連続で敗れたのは9年ぶりのことだ。2011年に札幌で0−3と敗れた韓国は、2013年7月の東アジアカップで1−2と敗れた。今回の歩みとまったく同じだ」と伝えるとともに、韓国が各カテゴリーの日韓戦で負け続きであることに言及。

「韓日戦を世代別に広げると、より暗鬱な結果が目立つ。昨年3月のA代表(親善試合)、今年6月のU-23代表(U-23アジアカップ)とU-16代表(U-16インターナショナルドリームカップ)が、いずれも日本に0−3で敗れた。1年4か月の間で、日本に0−3のスコアで4連覇を許した。“0”と“3”は、現在の日韓サッカーのレベルの差を見せていると言える」と、韓国サッカー界に警鐘を鳴らした。
 

 スポーツ紙『スポーツソウル』も「連続の“惨事”にも比較は拒否…ベント監督、韓日戦はどういう意味ですか?」と見出しを打ち、試合後の会見で「アジアサッカー界は比較をしたがるが、それは好ましくない。韓国と日本のサッカーを単純に比較するのは難しい」と述べていたベント監督に対し、次のような問いかけをしていた。

「ベント監督が韓国代表を率いて4年が経過した。多くの批判があるなかでも、ベント監督は自分だけの哲学と方向性を維持し、W杯本大会の舞台を控えている。だが、日本と対戦するたびに戦術の実験を行なうなど、特に無気力な姿を見せている。ベント監督にとって、韓日戦がどんな意味を持っているのかをもう一度聞きたい」
 
 前回の「横浜惨事」では、韓日戦惨敗に対する批判的な世論を受け、韓国サッカー協会のチョン・モンギュ会長自ら「国民の皆さまに差し上げる文」として謝罪文を発表していた。そのため、「今回もチョン会長は謝罪文を出すのか」(ネットメディア『スポーツ韓国』)、「次は誰が国民に謝罪する番か」(スポーツ&芸能メディア『スポータルコリア』)といった報道も見られている。

 いずれにせよ、日本相手に再び0−3で完敗したショックは、韓国サッカーファンの間で長く影を落とすことになりそうだ。

構成●ピッチコミュニケーションズ

参考記事:ポルトガル人監督にとってサッカー“日韓戦”はどういう意味を持つのか、横浜に続いて愛知でも大惨事

【PHOTO】敵も味方も関係なし…ワールドカップの美しき光景

【PHOTO】韓国女子代表のヴィーナスが来日!斬新なユニホームをみにまとい躍動するイ・ミナを特集
 

関連記事(外部サイト)