「日本は守備で優れているが…」ドイツ人記者が語る母国サッカーとの違いとは?カタールW杯でのスコア予想も「原口が2ゴール」

「日本は守備で優れているが…」ドイツ人記者が語る母国サッカーとの違いとは?カタールW杯でのスコア予想も「原口が2ゴール」

数多くのブンデスリーガーを抱える日本代表。この11人の中でも5人が現在ドイツでプレーしている。(C)JFA



 日本代表は7月27日、E-1選手権の最終戦で韓国代表と豊田スタジアムで対戦。相馬勇紀の1ゴール・1アシストの活躍などで3−0と快勝し、4大会ぶりのE-1制覇を決めた。この一戦には、日本がカタール・ワールドカップの初戦で戦うドイツのメディア、『Football was my first love』の記者も取材に訪れていた。

 来る11月の決戦に向け、話を聞こうと声を掛けると快く引き受けてくれた。聞くところによると、敵情視察というわけではなく、同メディアではE-1やJ2など日本の試合をポッドキャストや雑誌、書籍の企画で展開しており、その一環で足を運んだようだ。

――◆――◆――

――まず、日本のサッカーをどう見ているか教えてください。

「非常に良い国で、ドイツにとってカタール・ワールドカップでは手強い相手になる。それに今、何人もの日本人選手がブンデスリーガでプレーしているし、過去にプレーしていた選手も多い。岡崎(慎司)、香川(真司)、武藤(嘉紀)、長谷部(誠)、室屋(成)、大迫(勇也)、原口(元気)なんかがそうだ」

――日本人選手の中では、誰が一番印象に残っていますか?

「香川だ。世界で最高のMFの1人だからね。数年前にはドルトムントでシーズンベストのプレーをしていた。今はとても調子が良いわけではないけどね。でもベストな1人に変わりはないよ」

――ちなみに香川選手が今どこでプレーしているか知っていますか?

「ベルギーのシント=トロイデンだろ。ベルギーはベストなリーグではないけれど、良いリーグだ」
 
――日本とドイツのサッカーの違いについてはどう思われますか?

「ドイツサッカーはより厚みがあり、アグレッシブで、レフェリーとの議論に積極的だ。それにワールドカップでもより多くの成功を収めている。日本のサッカーはチームワークが良く、ディフェンスに優れているが、ドイツのほうが攻撃的だ」

――ドイツと日本はカタール・ワールドカップのグループステージで対戦します。ずばりスコア予想をお願いします。

「2−2だ。原口が2ゴールを決めるだろう。彼はドイツのサッカーを知っているからね。ドイツはニコ・シュロッターベックとトニ・クロースが1ゴールずつだ」

――グループステージはスペインとコスタリカも同居していますが、ベスト8を1つの目標としている日本はどこまで勝ち進めると思いますか?

「かなり厳しいグループだからね……。少しの運も必要だ。でも4年前には韓国がドイツを破っている。日本も準々決勝まで辿り着ける可能性はあるよ。まあ、決勝がドイツ対日本になったら最高だよね」

――◆――◆――

 日本での日本人からのインタビューとあって、多分にリップサービスも交えていることは間違いないが、ドイツ人記者は日本サッカーについて真剣に語ってくれた。ドイツ戦では、その彼も指摘した日本人ブンデスリーガーを数多く抱える強みも生かして、勝点3を掴めるか。

取材・文●有園僚真(サッカーダイジェストWeb編集部)

【動画】ロシアW杯でのジャイキリにヒントあり?韓国がドイツ相手に起こした番狂わせをプレイバック

【E-1選手権PHOTO】森保ジャパンが宿敵・韓国を3−0で撃破! 4大会ぶりのE-1優勝を飾る!

【PHOTO】運命の日韓戦!選手を後押しする日本代表サポーターを特集!

関連記事(外部サイト)